So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

トラ・トラ・トラ! [映画・テレビ・漫画]

1970年の映画です。当時2500万ドルの製作費は、実際の真珠湾作戦の戦費をも凌ぐというスケール。当時はものすごく話題になった映画で、少年マガジン(もしかしたらサンデー?)みたいな少年漫画週刊誌でも巻頭カラーの特集記事が載っていたのを憶えています。ワクワクしました♪

当時小学生だった自分は観たくて観たくてしょうがなかったけど、親は連れて行ってくれなかったんですよね。お小遣いじゃ観れないしで、とっても悔しかったもんです。大人になってからテレビのロードショーで観れたことは観れたけど、カットされていたでしょうし。

しかし、時は流れて公開から時は45年あまり。やってきましたよ!デジタル・リマスタリングされてBlu-rayでリリース!!来ました来ました!いい時代だ!

toraBD1.jpgtoraBD2.jpg

かつて日本とアメリカが戦争していたなんてことが信じられない、というお若い方も実際にいるらしいのは驚き。物語じゃないんですよほんとに戦争していたんですよ。

1941年(昭和16年)12月7日(ハワイ時間)に日本軍がアメリカ軍ハワイ真珠湾基地を空襲。これをもってアメリカが参戦することになるわけです。日米双方からの視点で描かれているので、計らずとも宣戦布告前の奇襲になってしまった日本側の経緯や、米軍が事前に作戦を察知していた(?)ことなどもちゃんと盛り込まれていて面白いです。

いやそれだけじゃないクレージーな映画です(べた褒めですよw)。製作費は最初に書いた通り2500万ドル。日米双方でロケをしてまして、福岡の芦屋に実物大の長門と赤城を作ってる。この実物大セットだけで2000億円。当時日本映画の平均製作費が、1本あたり2000万円だというから、それだけで日本側が度肝を抜かれてしまったと。今の呉にある大和ミュージアムみたいなものですかね。芦屋のそれはもうないでしょうけど、ほんと見てみたかったなぁ。

現代のようなCGを使った特撮技術がないので、撮影は本物の飛行機を飛ばして空戦や爆撃するわ、本物のB-17片脚着陸させて壊すわ(失敗は許されない一発勝負の撮影w)、すごいことやってます。

当時の日本軍機なんか、飛べる機体なんかもちろん残っていないので作ってるΣ(゜Д゜)

ゼロ戦はアメリカにテキサンという似た機体があるので、それを使ったからまだいいのですが、攻撃機の九九艦爆九七艦攻なんかあるわけない。どうしたかというと、違う2機の機体の前後の胴体をくっつけて、無理やり似せた機体作って飛ばしてるらしい。そんなのが実際に飛ぶのか?ってのが驚きですけどねwしかもこれ、1機や2機どころじゃなくてたくさん作ってるんですよ。クレージーでしょう。

撮影には当然想定外やミスは起きるわけです。日本軍機を迎撃するため飛行場を離陸しようという状況設定で、動き始めたP-40が風に煽られて浮き上がってしまい(浮き上がることは想定外)、脇に駐機しているモックアップのP-40の列に突っ込んで・・・。駐機中の機体は、爆撃で炎上する予定の機体で、爆薬を積んでいたので次々に炎上。周辺にいた役者は演技ではなくマジ逃げです。映像的には凄いことになっていますよ~。こちらをどうぞ!↓



おいおい!、え?大丈夫これ?っていう、心配するくらい迫力のある絵になってます。それはそのはず、役者は演技じゃなくて必死に逃げてたわけで、迫力があるのは当たり前なわけですよ。今の時代CGで作られるスマートでカッコいい映像とは全然違う迫力があります。そういう撮影だったので事故も多かったようで、墜落などででも実際に亡くなってしまった方もいます。

BDリマスター版はかなりいい仕事をしています。音も映像も素晴らしいので、是非サラウンド環境で鑑賞してほしい。特典の制作秘話なども特番並の濃い内容でおもしろいですよ。BDですから画面はものすごくクリアです。

トラ・トラ・トラ! 製作四十五周年記念版 アルティメット・ブルーレイBOX (1,000セット完全数量限定) [Blu-ray]

トラ・トラ・トラ! 製作四十五周年記念版 アルティメット・ブルーレイBOX (1,000セット完全数量限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

記念写真 [くま散歩]

そんな・・・MAXコーヒーだけの自販機なんて。ペットボトルと缶がびっしりと。な、なんてことだ(;゚∀゚)=3ハァハァ

max320.jpg (@ららぽーとTOKYO-BAY)

基本的に缶コーヒーは飲ないので買うことはないんだけど、MAXコーヒーだけの自販機なんて初めて見たんじゃないだろうかw

潔いので記念写真を撮ってみた。千葉生まれだったとは知らなかったなぁ。はるか昔に飲んだことはあるけど、すごく甘い缶コーヒーという印象です。それもそのはずマジで練乳入りだったとは・・・そりゃ甘いはずですわぁ(笑)。

甘いのは好きなので嫌いじゃないけど、この味は危険な旨さなんですよ。はぁはぁ・・・好きになれる自信は大いにある。はぁはぁ(((((;゚∀゚)=3ハァハァ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨入りで菖蒲園 [くま散歩]

今年も梅雨入りしてしまった。ジメジメ蒸し暑いのが関東の梅雨だけど、幸い今のところまだそこまでじゃない。なので、この時季華やかなになる菖蒲園。

もう少し花が増えた(来週以降でしょうか)ほうが見頃だと思いますが、比較的まだ人が少ない今のほうが観る方は楽(笑)。

koiwa614a.jpgkoiwa304b.jpgkoiwa304a.jpg

水を張った菖蒲の根元を覗くと、黒い丸っこい小さいのがたくさん見えます。ほとんどオタマジャクシ。これがカエルになったらさぞ賑やかでしょうなw

これから紫陽花の色がどんどん濃くなる。

koiwajisai304a.jpgkoiwajisai304b.jpg

駅降りてすぐの江戸川河川敷の小岩菖蒲園です。葛飾の堀切菖蒲園もこの近くにはありますが、コンパクトに楽しめます。カエル、オタマジャクシ、ザリガニ獲りしてる子供も多いのでのんびりしてます。なにせ江戸川を渡る電車もすぐ横に観られます!あぁこの花が咲き終わったら酷暑・・・それ考えるのヤメ!(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

千葉灸治院跡 [地名萌え倶楽部]

前回はGW中、芭蕉さんの奥の細道の出発点ということで来ましたが、今回も京成千住大橋駅から北千住方面へ歩いてみます。前回とは通りを一本ずらして北千住へ向かってみましたが、やっぱりここは江戸ですねぇ。

今回見つけたのは千葉灸治院跡。墨堤通りを渡ったところでこんな表示と説明板を見つけました。「坂本竜馬 室 千葉サナ」という表示。坂本龍馬の妻と言えばお龍さん。薩長同盟成立直後の寺田屋襲撃事件では、彼女の機転によって龍馬が危機を脱して命拾いするという件は、龍馬系のドラマでは必ず出てきますから。なので、龍馬の妻と言えば多くの人はお龍さんという認識じゃないだろうか。

sana480.jpg

でも、そのずっと前の1853年、龍馬が19歳の時に剣術修行のために千葉道場へ入門。1858年に北辰一刀流の免許皆伝となってます。この時に、龍馬は千葉サナと婚約しているようです。(※漢字ではサナ⇒佐那と書くらしいのでこの記事は”佐那”とします。)

この千葉佐那とはどんな女性だったかというと、北辰一刀流剣術開祖千葉周作の弟・小千葉(桶町)道場千葉定吉の次女であり、14歳にして免許皆伝、しかもとびっきりの美人だったという。それで腕もたつということから、千葉の鬼小町と呼ばれていたとか。これじゃ龍馬じゃなくても注目する女性ですね。1863年には龍馬の姉の乙女さん宛の手紙にも佐那を紹介しているようです。

ところがその翌年1864年に龍馬はお龍と出会って、1866年のあの寺田屋事件の後お龍と結婚しています。(余談ですが、お龍さん、佐那さんのことをボロカスに言ってたようですw、佐那と龍馬の関係はとても深かったのかもしれませんねぇ・・・)

千葉佐那は「自分が龍馬の妻」と、龍馬の桔梗紋付きの片袖を形見として生涯持ち続けた。と。生涯独身を通し続け、一途な女性像としてロマンなお話にもなったこともありますが2010年には結婚していたという明治時代の新聞記事が発見されています。そのあたりの佐那に興味があれば、こちらに詳しいことがありますのでよろしければ。

ウィキペディア 千葉佐那
足立区ホームページ 千葉さなと千住中組の千葉灸治院

さて、灸治院ですが、明治15年に千葉佐那が開業し、明治21年この地へ移転し佐那が亡くなる29年までは、ご自身もここにお住まいだったようです。


sana480b.jpg



思いがけない場所に出会うのは楽しいです。江戸が面白いですよ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

マグニフィセントセブン [映画・テレビ・漫画]

マグニフィセントセブン。今年の1月に日本公開された作品です。劇場でこの映画の予告編を観た瞬間から、「これは観るべき映画」ってピーーーーーンと来ましたよ。

というのは、この作品はあの荒野の七人が原案になっているという。・・・と言うか、テーマ音楽の中に荒野の七人のテーマが取り込まれているほど。ということは、原案どころじゃない完全にその流れをくむ作品ということじゃないですか!こりゃぁ観ないで良い訳がないです。はたして大正解の映画でした。

いつもは面白いと思った作品は2回、3回と劇場に行くんですが、意外に早く上映が終了して予定が折り合わなかったために1回観ただけになっていた。なので、このBD発売を待ちに待っていたわけですよ。

そしてついに週末に届きました♪手を洗ってお菓子とコーラを準備!サラウンドヘッドフォンの充電も準備万端!金曜日の夜は1人上映会!

mg7_pg614.jpg

もう、ワクワク楽しくて最高!前のめりで観ちゃいます。みんなカッコいい!リーダー格のデンゼル・ワシントンはもちろん、今までなんとも思っていなかったイ・ビョンホンもカッコイイですね。なるほどおばさまたちが熱い理由も少しわかりましたw

いつもは吹替はあんまり観ないんですが、デンゼル・ワシントンが大塚明夫さんということで、まずは吹替版で鑑賞。やっぱりいい声ですなぁ。ちょっとかっこよすぎるかなw

cast614.jpg

BDのオリジナルパッケージはこちら。

mg7_og320.jpg

特典ということで、7人の着せ替えジャケットが付いていたので、一番のお気に入りバスケスさんに替えてみました。うーんカッコイイぜ。この人の拳銃さばきはきれいですよ~[ぴかぴか(新しい)]「子供時に練習したのが役に立った」だそうです(笑)と、コメンタリー映像で語るのがかわいい方でした。

mg7_bs320.jpg

特典映像としていくつかの短い未公開シーンが収録されているんですが、それらのシーンは時間制限なのか何らかの理由で本編には含まれていない映像ですが、どれも大事なシーンだと自分は思うんですよね。どんな理由かわかりませんが、泣く泣くカットした映像ではないだろうか。これらのシーンが含まれていたら、ストーリーにもっと厚みが増したと思うんですよね。

今回のマグニフィセントセブンも、「荒野の七人」、そしてその元になった「七人の侍」同様、悪者に蹂躙されて窮する人たちを助けるために戦うという明快な話です。でも、いくつかのちょっと違うところがあって、まずデンゼル・ワシントンが演じるリーダー格のサム・チザムには、実は別の戦う理由があった・・・ということ。それと少し時代に合わせるためか、対峙する悪党は野盗でも山賊でもなく、町の鉱山を狙う悪徳実業家になっています。アクションも現代風にとても派手。飛んでくる弾丸を目の前で避けるとか、見るからにワイヤーアクションってのはありませんが、時間をわすれるくらい気持ちよいアクションが観られますよ~。あ、音楽も素晴らしい。これ重要!

観た後は、みんな子供の頃やったように拳銃を指でくるくる回したくなるんじゃないだろうか(笑)。今の子供はやらないかw



マグニフィセント・セブン(初回生産限定)(2枚組) [Blu-ray]

マグニフィセント・セブン(初回生産限定)(2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

青い森鉄道 [鉄道]

4/30に法事で帰省した時に、青い森鉄道のモーリー電車に乗れたので写真を貼っておこう。701系と703系@八戸駅

701.jpg703.jpg

う~んなんか足りない・・・

ここはやっぱり雪があった方がいいんでないかい。なので2015年正月の写真を貼ってみるか。

703_2015.jpg

凍てつくモーリー。もぅがっちがちwwでも中はあったかいぞ。ドアだってちゃんと開くぞ。

703_2015b.jpg

寒いけどこっちがいい絵だろw[雪]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドラクエ吹奏楽 [くま散歩]

ドラクエ30周年ということで、昨年からいろんなイベントがあったようです。ドラクエ1が発売されたのが1986年。当時ファミコンを持っていたかどうか憶えてなんですが、友人宅でドラクエを初体験。一晩遊び続けたのを憶えてます。RPGというゲームもドラクエで知りました。

実際ゲームをしてたのは5か6までだったと思いますが、音楽はいつも印象的で何よりも圧倒的に脳内に残っております(笑)

そんな音楽はオーケストラで演奏されたりもしてCDもたくさん出ているんですが、これが30周年記念イベントの一環として生で観れて聴けるコンサートが日本各地で行われています。

今回のコンサートは吹奏楽編成ですが、演奏するのは東京校正ウインドオーケストラ。東京校正ウインドオーケストラって全日本吹奏楽コンクールの課題曲の参考演奏として配られるCDの音源にもなっている楽団。

コンサートの曲目はこれでした。

dq1.jpgdq2.jpg

コンサートは、2時間ほどの目にも耳にも楽しい冒険の旅でした。

もう吹けないけど、また演奏会したくなります。チューバ2本、コンバス1本、コンバスはかっこよかったなぁ。もしやり直せるなら、今度はチューバかコンバスやりたい。まじめにやりますから~(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

鹽竈神社(しおがまじんじゃ) [くま旅百景]

鹽竈神社。そう、しおがまって読みます。前回の記事で1つ憶えましたねw書けなくても良いので、読めるくらいにはしとこう。自分も今回行って読めるようになった。

前回の記事では神社の桜が中心だったので、今日は桜以外で鹽竈神社を書きます。

起源は奈良時代より前とも言われる古い神社です。多賀城に国府が置かれると、その「鬼門」である東北に位置した神社は、国府の守護と蝦夷地平定の精神的支えとなったからでは考えられるそうです。

前回の記事に載せた表参道の急階段を避けて、東参道の方から訪れるとこのような鳥居に迎えられます。

toriib614.jpg

本殿の前ですが、思ったほど広くはない印象です。もちろん空気は違います。

main614a.jpgmain614b.jpg

本殿前に立派な灯籠がありまして、この装飾が見事なのでしばらくぐるぐると周りを回ったり、見上げたりの変な人になってました。

toro614a.jpgtoro304c.jpgtoro304b.jpgtoro304a.jpgtoro304d.jpg

樹齢約800年御神木に圧倒されました。これはたぶん力強い根元の姿のせいです。何か感じません?

goshinboku304a.jpggoshinboku304b.jpggoshinboku614.jpg

そしてここが前回の記事にも載せた表参道の階段です。これは上から見た202段。ここを降りて駅に戻りましたが、結構な急勾配なのでちょっと緊張ですよ。その分眺めは良いですけどね。

stairs614a.jpg

鹽竈神社

駐車場: 境内の東側から北側にかけて参拝者専用の無料駐車場が4か所
開門時間: 午前5:00~午後8:00
境内参拝自由

JR仙石線本塩釜駅下車
表参道(表坂)の石鳥居まで徒歩15分
東参道(裏坂)の石鳥居まで徒歩7分


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

しおがま [くま旅百景]

ゴールデンウィークとは言っても、4月30日が法事だったので1日余計に休みを取って、帰りに途中下車して仙台と塩釜へ寄ってきました。GWの間の平日だったためか比較的空いていたようです。

鹽竈

読めますかこれ?

ここに行くまで読めませんでした。竈は読めても、鹽まで漢字で書かれると読めません・・・もちろん書けません。駅名は「塩釜」なんですけどね。こう書くと誰でも読めるでしょうけど。

仙台からJR仙石線で約30分、本塩釜駅で降りて徒歩15分くらい。鹽竈神社に寄らせていただきました。さすがに中国の観光客が少ないので、静かにお参り・散歩ができました。鳥居にも『鹽竈』の字。

torii_614a.jpg

こちらは表参道から見上げたところ。

torii614a.jpg

鳥居をくぐって階段の上を見上げるとクラクラ[たらーっ(汗)]しますね。202段あるそうです・・・。自分の場合別のほうからお参りして、ここは上から降りてきましたけどね(ズルじゃないですって)。でもこれだけ急で高いと、降りる場合でも緊張しますよ。

stairs614b.jpg

境内には桜がまだまだ咲いてました。鹽竈の名前が付いた鹽竈桜。天然記念物の八重桜だそうです。

shiogamasakura614.jpg

こちらは、花が薄い緑色な『御衣黄』(ギョイコウ)。花が緑色で珍しい桜。地味だけどこれだけ咲いているとさらに綺麗。

gyoiko304b.jpggyoiko304a.jpggyoiko614a.jpggyoiko614b.jpg

けっこう古くて大きな神社ですね歴史を遡ると平安時代初期に編纂された書物に名前が出てくるのだそうだ。知りませんでした[ふらふら]



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

十和田観光電鉄 三沢駅 [くま旅百景]

4/29に母の法事のため帰省しました。

2012年4月1日付で廃線になった十和田観光電鉄線三沢駅

古いですよ~wお土産コーナーや2階はなくなってしまいましたが、自分が子供の時の記憶と比べてもほとんど変わってないです。子供のときはここで売ってた「どら焼き」が大好きでした。箱でおみやげでもらうと嬉しかったなぁ。(今でも十和田市では売っているようです!こちらの方のブログで紹介されていました。包装紙もそのまんまだぁw)

main614.jpg

ここはホームへの入り口で改札があった場所。十和田に遊びにくときは来てたっけ。始発駅なのでホーム両側に線路が敷かれていましたが、今はレールも撤去されてしまってます。駅ってのは線路がないと寂しいですよね。

home614.jpg

廃線になった駅ですが、バスのターミナルでもあるので今でも現役です。鉄道側は寂しいですが、それ以外はまだまだ現役。今はバスの対応だけでしょうけど、発券窓口も健在。もちろん昔のまんま、びっくりするくらいのまんまで嬉しいw

madoguchi614.jpg

で、ここの駅そば有名で、わざわざ遠くから来る人もいるようです。昭和の雰囲気ってやつに呼ばれるんですかね。自分も大好きで、学生時代はちょくちょく寄らせていただきました。天ぷらそばがおすすめですよwまだまだ元気いっぱい営業中のようです。

soba614a.jpgsoba614b.jpg

この日も結構お客さんがいたようです。

この時期ツバメさんも訪れるので、構内をビュンビュン飛んでます。ぶつからないと思いますが頭上に注意してくださいねw

tsubame320.jpg

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -
メッセージを送る