So-net無料ブログ作成
検索選択

マグニフィセントセブン [映画・テレビ・漫画]

マグニフィセントセブン。今年の1月に日本公開された作品です。劇場でこの映画の予告編を観た瞬間から、「これは観るべき映画」ってピーーーーーンと来ましたよ。

というのは、この作品はあの荒野の七人が原案になっているという。・・・と言うか、テーマ音楽の中に荒野の七人のテーマが取り込まれているほど。ということは、原案どころじゃない完全にその流れをくむ作品ということじゃないですか!こりゃぁ観ないで良い訳がないです。はたして大正解の映画でした。

いつもは面白いと思った作品は2回、3回と劇場に行くんですが、意外に早く上映が終了して予定が折り合わなかったために1回観ただけになっていた。なので、このBD発売を待ちに待っていたわけですよ。

そしてついに週末に届きました♪手を洗ってお菓子とコーラを準備!サラウンドヘッドフォンの充電も準備万端!金曜日の夜は1人上映会!

mg7_pg614.jpg

もう、ワクワク楽しくて最高!前のめりで観ちゃいます。みんなカッコいい!リーダー格のデンゼル・ワシントンはもちろん、今までなんとも思っていなかったイ・ビョンホンもカッコイイですね。なるほどおばさまたちが熱い理由も少しわかりましたw

いつもは吹替はあんまり観ないんですが、デンゼル・ワシントンが大塚明夫さんということで、まずは吹替版で鑑賞。やっぱりいい声ですなぁ。ちょっとかっこよすぎるかなw

cast614.jpg

BDのオリジナルパッケージはこちら。

mg7_og320.jpg

特典ということで、7人の着せ替えジャケットが付いていたので、一番のお気に入りバスケスさんに替えてみました。うーんカッコイイぜ。この人の拳銃さばきはきれいですよ~[ぴかぴか(新しい)]「子供時に練習したのが役に立った」だそうです(笑)と、コメンタリー映像で語るのがかわいい方でした。

mg7_bs320.jpg

特典映像としていくつかの短い未公開シーンが収録されているんですが、それらのシーンは時間制限なのか何らかの理由で本編には含まれていない映像ですが、どれも大事なシーンだと自分は思うんですよね。どんな理由かわかりませんが、泣く泣くカットした映像ではないだろうか。これらのシーンが含まれていたら、ストーリーにもっと厚みが増したと思うんですよね。

今回のマグニフィセントセブンも、「荒野の七人」、そしてその元になった「七人の侍」同様、悪者に蹂躙されて窮する人たちを助けるために戦うという明快な話です。でも、いくつかのちょっと違うところがあって、まずデンゼル・ワシントンが演じるリーダー格のサム・チザムには、実は別の戦う理由があった・・・ということ。それと少し時代に合わせるためか、対峙する悪党は野盗でも山賊でもなく、町の鉱山を狙う悪徳実業家になっています。アクションも現代風にとても派手。飛んでくる弾丸を目の前で避けるとか、見るからにワイヤーアクションってのはありませんが、時間をわすれるくらい気持ちよいアクションが観られますよ~。あ、音楽も素晴らしい。これ重要!

観た後は、みんな子供の頃やったように拳銃を指でくるくる回したくなるんじゃないだろうか(笑)。今の子供はやらないかw



マグニフィセント・セブン(初回生産限定)(2枚組) [Blu-ray]

マグニフィセント・セブン(初回生産限定)(2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る