So-net無料ブログ作成

崎と埼 [なんでも帳]

先日書いていた犬吠の記事の中で、崎と埼が混在してたのに気付いた。
どっちが正しいか調べて直そうと思って調べると、両方の書き方がある・・・これはどう違うのかとちょっと調べてみました。

崎も埼も、意味は概ね山脚の突出した所をそういうのだそうです。微妙な意味の違いは後に説明しますが、なんで二通りの呼び方があるかというと、見る人が陸にいる場合と、海にいる場合で違うようです。

地図帳などを作成している国土地理院は、前身が旧陸軍陸地測量部で、こちらは「崎」を使用。逆に海図を作成している海上保安庁海洋情報部は、旧海軍水路部が前身で、こちらは「埼」を使用。

とはいっても立場の違いから意地を張り合っているのではなく、海上保安庁と国土地理院は1960年から「地名等の統一に関する連絡協議会」を発足させて、地名統一を検討しているようです。とはいってももうすぐ半世紀になりますから、どのへんまで作業が進んでいるんでしょう・・・^^;。

漢字意味の話ですが、山へんの「崎」の場合は本来の意味は、険しい山の山脚が突出した所を示し、山地の鼻が平野の中に突出したところを指します。土へんの「埼」の場合はもう少し意味が限定され、陸地(平地)が水部へ突出したところという意味があるようです。そのため海上保安庁では、漢字の意味からも地形のわかる「埼」を採用しているようですね。

海図を使用する航海者が、地名から地形が判断できるようにとの配慮のようです。たとえば犬吠埼は、「犬吠」が地名で、「埼」がそこの地形を表現しています。明治時代の海軍水路部から同じ運用をしているようです。今と違ってその場所の地形など情報が乏しい時代でしょうから、名前だけで最低の情報はわかるようにしたんでしょうね。

個人的にはこのこだわりの使い分けはとっても好きです。漢字の意味の違いから使い分けるのは当然。船乗りにとっては、「埼」名前が付くと海に突出した地形であることが想像できたんでしょうかね。

P1010042a.jpg
(地球の丸く見える丘より犬吠埼方面を臨む)

◇  ◇  ◇

では埼玉は?ん~、ちょっと調べると古くは武蔵国の北東部を指して「さきたま」と言われ、「埼玉」と字をあてたことから。現在は埼玉県の北部を指すとのことですが、あれ?海に突出したところが「埼」ではなかった?ん~、武蔵国の北側は昔も海ではなかったはずだし・・・。ということは、武蔵国自体大きく見ると海に突き出た地形「埼」であって、その北側の位置になる所を「さきたま(埼玉)」としたんでしょうか。わかりませんなぁ^^;


タグ:犬吠埼
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本橋人形町くいまち散歩 [くま散歩]

1月24日、東京都心は小雪が舞う寒さ。防寒重装備で出かけました~。
重装備とはいつもの格好に毛糸の帽子、手袋&マフラーの重さが加わるというだけなんですがね。
しかし、まさか雪まで降るとは思っていなかった。寒いわけですよ。

今日の目的は2つ。

  • 親子丼発祥の店として有名な玉ひでさんに並ぶ
    いつも長い行列ができてるという有名なお店。ちょっとお値段はしますが、軍鶏の親子丼ですし、元祖の味はやっぱりいっぺん食べておかねぇと。
  • 東京有名三大たい焼きの柳屋さんに並ぶ
    最近たい焼きが気になってお店を見ると食べたくて。もっともこのお店は六本木の浪花屋さん、四谷見附のわかばと一緒に東京三大たい焼と呼ばれる有名なお店の一つ。さて。

どっちも並ぶことが目的じゃないんですが、これらのお店は長時間並ばないと食べられないみたいなんで、並びきって食べるぞーという意味で目標!今日は頑張りましたー。^^;

玉ひでさんの親子丼

こちらは土曜日のメニューは元祖親子丼1300円と匠親子丼1800円の二品だけ。お昼は11:30~13:00までの間に並んだ客に親子丼を出すという仕組み。開店前から列が出来て閉店まであまり列は変わらないと聞いていましたが、お昼前には並ぼうと思い11:10くらいにはお店前に到着。聞いていた通り、もうこんなに列が出来ていました。この列はお昼過ぎても変わっていなかったなぁ。まぁ早く行くのがいいでしょうね。

お店前は狭いので、列を①~③の3つに区切って並んでいます。お店の人が出て整理をしてくれています。

P1040589a.png

待つこと約40分で店の中に通され、入り口で靴を脱いで上がります。食券制なので、そこで食券を買って少し待つと程なく奥へ案内されました。中は意外に広いので、一度にある程度の人数は入れそうです。席は掘りごたつ式なので、お座敷のように座る必要もなく楽です。

通されてしばらくすると、来ましたよ~元祖親子丼。写真にはないですがこの他に鳥のスープが付いています。ちなみにこちらの店は軍鶏肉使用。平日はないようですが、土曜なので真ん中に黄身が載っております。

P1040587a.jpg

丼のフタをとると、見ての通りのきれいな黄金色と、みりんと醤油の良い香りが飛び込んできてどうにも美味しそうでたまりません。もっと濃い味を想像していましたが、濃いことはなく卵のうまみがよく味わえます。卵はトロットロのちょうど良い感じで、生のままに見えるところもそんなことはなく、肉と程よくからんでとっても美味しいです。使われている卵もこだわりの卵なのでしょう。寒い中並んだかいがありました。

玉ひで

 

人形町にはまだまだ有名なお店がありまして、調べれば調べるほど行ってみたいお店はたくさん!ちなみにこの玉ひでの両隣に並ぶ店だってほんとは主役級です。左は創業明治45年の小春軒。洋食屋さんで、フライものがとっても美味しいと評判。右はやっぱり歴史ある喫茶店の快生軒。創業は大正8年。看板に喫茶去とありますが、これは禅語で「まぁゆっくりお茶でもいかがですか」という意味だそうです。こちらはコーヒーとトーストだけのお店で、オジサマたちに人気のお店らしいです。良いですねぁ。

P1040592a.jpgP1040594a.jpg

柳屋のたい焼き

界隈を少し散歩して、次の目標たい焼きの柳屋に到着。こちらは甘酒横丁にお店があります。なるほどこちらも話に聞いたように列が出来ておりました。

P1040600a.jpgP1040597a.jpg

店頭では、とってもリズミカルにたい焼を焼いております。その様子を子どもは興味津々に覗き込んでいました。一個一個の型に生地を流し込んで、たっぷりの小豆あんを置き、また生地をかけて型を閉じて焼く。同じ作業で次から次へとたい焼きができて行きます。同じ作業に見えていながら、手作業ならではの微調整なんかしてるんだろうなぁ。

P1040601a.jpg

前に並んでいた人たちは、20個、30個とまとめて買って行く人も少なくないので、なかなか列が進まず店にも入れません。そんな中雪がちらついてきて、足元も寒くってたまらない・・・。ちょっとくじけそうになったところで、列が少しずつ進み始めて店の中に入れたのでリタイヤせずに済みました。なんとかね。

P1040597a.jpgP1040600a.jpg

ここも結局約40分並んで買えました。2個だけですがね^^;
早速路上ではぐはぐと食べさせていただきました。外はさくさくで中のあんは甘みを抑えた上品な感じですね。あっついところをはふはふを食べるのがよろしいかと思います。

P1040602a.jpgP1040603a.jpg

お土産にして帰る人も多いですが、できればその場で食べるのが一番かと思います。
東京三大たい焼きの1つをまずはクリアしたわけで。あと2つはまたそのうちに^^;四谷と六本木方面はついでの用がなかなかないんだよなぁ。

柳屋

 

こんなこと言うのはなんですが、たい焼きはそれぞれ好みがありますからねぇ。薄皮で外側かりかりのも美味しいですが、皮が厚くてしっとりしてて、あんこがたくさん入ったたい焼きもまた美味しいし。銚子電鉄の観音駅で売っている鯛焼きがまさにこれで、自分にとっては今のところそれが一番好きかなぁ。見かけ以上のなんかがあるよ♪

◇  ◇  ◇

鯛焼きついでにもう一つ。
先日根津に散歩に行った時に食した韓国風鯛焼きの果川家黄金たいやき
ちょっと小さめの鯛焼きで、薄い皮がパリパリで、中は甘さ抑え目のあんこがとろ~りとぎっしりおさまっています。韓国では鮒とか鯉とか金魚とか型があるらしく、韓国ではプオンパンという名前の冬の風物詩のような食べ物・・・パンなんだそうです。日本の普通の鯛焼きと比べてもウロコやヒレの部分がリアルだったりします。

あまり離れていない同じ通りに、有名店の「根津のたいやき」がありますが、あえてこちらも行って見ましょう。このたい焼はね、美味しかったですよ♪

果川家~黄金たいやき

 

◇  ◇  ◇

このほか、人形町は少しずつ通ってみたいと思わせる気になるお店やスポットがたくさん。歴史ある老舗やこだわりのお店だなぁ。高級店は無理なんですけどね~。また行って探検してみたいですわ。そうそう、この日は寒かったので、路地猫にも会えませんでしたし。残念残念^^;

P1040596a.jpgP1040595a.jpg

ちなみに、写真左はブルマンを400円で出すという、元々は馬具店だった喫茶店のロン(ほとんど洋食屋さんのメニューウィンドウが素敵)、右は人形町駅すぐ上の路地。時代劇のセットのようでありますよ^^

近いうちにまた^^♪


nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

犬吠埼灯台《発掘蔵出し》 [くま旅百景]

今回も2007年10月の発掘写真の続き。
もったいないので写真だけでも載せてしまいます。外部記憶ってことで^^;

前回の犬吠駅から歩いて犬吠埼へ向かう。
駅を降りて目の前に灯台があるわけじゃありませんから、それなりに歩きますがそんな距離は感じません。景色を楽しみながら、こうやって歩くのは楽しいものです。でも車には気をつけて歩きましょう^^;

普通に歩いて約10分ですが、ゆっくり景色をみながら歩くのがオススメ。道から下に下りると遊歩道もありますし。

P1010019a.jpgP1010020a.jpg

海岸線に出ると遠くに灯台が見えてきます。犬吠埼灯台です。白くてひときわ青空に映える姿は美しく、近づくほどにさらに白が鮮やかでまぶしい。

P1010021a.jpgP1010022a.jpg

犬吠埼灯台

 

明治7年11月に完成。塔の高さは約31m、灯火までは水面から約52mとのこと。

P1010027a.jpgP1010026a.jpg

有料ですが塔内部の螺旋階段から上ることができます。 さすがに景色はよいですが、自分のように高いところが苦手だと結構怖いです[がく~(落胆した顔)]。足元が狭いので背中を壁につけながらゆっくり移動することになるでしょう^^;手すりまで近づけませんって・・・ひ~[あせあせ(飛び散る汗)]

P1010027b.jpg これですからね・・・

絶景!高いところが好きな人にはサイコーらしいです。ウチの奥さんは嬉々としてましたからね^^。もうだめ・・・

P1010031a.jpgP1010030a.jpg

他に灯台の発光部の初代(だったかな)レンズが展示されていました。さすがにでかい。

P1010037a.jpg

ん~・・・まだまだ写真が発掘される・・・
次は地球の丸く見える丘を蔵出しします^^

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

銚子電鉄行《発掘蔵出し》 [くま旅百景]

2007年の夏に銚子電鉄で犬吠に行った時の。
そうそう、記事にしようとして準備だけしていてタイミングを逸してしまった。
もったいないから、写真くらい載せとこう^^;1年以上も前ですが^^

P1010012a.jpgP1000999a.jpg

JR銚子駅駅のホームの先に、銚子電鉄の乗り場があるんですよね~ここ。当時はここに貼ってある鉄道むすめの意味がわからなかった。鉄道会社に勤める、電車が大好きな女の子という設定のフィギュアのシリーズだったのですね。昨年後半にはゲームになったり、時東ぁみなどアイドルなどを起用して実写ドラマ化されたりして人気でした。

ホームに電車が入ってきました。古~いかわいい電車でしょ。デハ801。

P1010001a.jpgP1010006a.jpg

こちらは銚子駅の時刻表。時刻表はのんびりしていますが、休日は混雑しますよ。

P1010002a.jpg

はしょって犬吠駅に到着。ホーム前に広々と畑が広がっていて、眺めは素晴らしいところです。

P1010010a.jpg

駅舎も趣があって良い雰囲気です。

P1010015a.jpgP1010016a.jpg

P1010017a.jpg

P101003a9.jpg

銚子電鉄と言えばぬれ煎餅ですが、一番最初の写真にある「弧廻手形」(1日乗車券)を買うと、もれなく駅のお店で1枚食べられます。 また行ってみたいであります。空いているときに^^;

銚子電鉄 犬吠駅


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

くまのがっこうのげんがてん [くま散歩]

見たことはあってもよく知りませんでした。

明日まで(1/14~19)ですが、銀座松屋で原画展を開催中です。

090118_1228~01.jpg

くまのがっこうというのは、2002年から出版されている絵本で、12ひきのくまの子たちが、山の寄宿舎で暮らすお話し。11人のお兄ちゃんくまの子と、ひとりだけだけど元気なおんなのこくまの子のジャッキーたちのお話し。2007年までに85万部以上の人気シリーズで、海外でも出版されている人気の絵本なんだそうです。ぬいぐるみやグッズも多数。

090118_1539~01.jpgそんなすごいくまとはも知らず、ブログタイトルに「くま」という名前をあげてるし、奥さんに誘われるままに行ってまいりました。

行ってみてびっくりしたのは、開店間もないはずなのに会場前は大行列! 改めてその人気に驚き。そんなに混むわけないだろうと勝手に思い込んで行って大変失礼してしまった!

親子連れのお客さんが多いから、当然子どもが多い多い^^;。混雑しているから他の人とぶつかるけど、子どもが多いからぶつかる位置も普通と違って、肘から下をぶつかりながらもくぐり抜けていく~。^^

展示は絵本の原画が約100点、古いものから今年のものまで展示されています。こうやって一挙に見られると、数年の間の絵の変化がよくわかります。なんにしても原画がみられるというのは嬉しいこと。下書きの跡や、筆の動きがよく分かるし、それに気を感じますから。

それに合わせて会場内のくまのがっこうの教室を模した場所で、日替わりでトークショウや、撮影会、サイン会も行われているようで、それ目当ての人も多いんだろう。DVDも2ヶ所で放映されていたので、その前では子どもたちが食い入るように、くまたちを鑑賞中^^

よくできたぬいぐるみを使って、絵本の中の場面を再現したかわいい造形も展示されていて大人気でした。

会場内は撮影できないですが、入り口に等身大(?)のジャッキーがいて、ひっきりなしに記念撮影のお呼びがかかっていました。かわいいから気持ちはよくわかりますね♪

090118_1228~02a.jpg090118_1227~01a.jpg

会場出口に、キャラクタグッズや絵本などのお店があるのですが、ここもすごい人とレジ列。片手で持てる程度の、ジャッキーのふわふわぬいぐるみが大人気だったようで、今日デパートの中はそのぬいぐるみを持った子どもがたくさん♪

入場者に配られた日替わりのカード。

090119_2223~01.jpg

映画のプロジェクトも始動したようですよ。

090118_1539~02.jpg

くまはむてき[ぴかぴか(新しい)]^^


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夕焼けの外部記憶2009.1 [くま散歩]

ここのところいい天気が続いているので、夕焼けがとてもきれいですねー。

とてもきれいなので、休日の夕方家にいる時には、ただぼーっと眺めていてもとても気持ちいい(寒いけどねっ)。
富士山のシルエットもだんだん濃くなる。

evening.jpg

大きな夕日は、まるで映画かアニメみたいだし。

evening2.jpg

ビルに反射する赤い光と影もまたいい感じなもので。

makuharibld.jpg

外部記憶としてここにも置いておこう。2009年の1月はこんなだったぞって。


タグ:夕焼け
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宝の山なのに [鉄道]

Pa0_0021.jpg 映画を観に出かけた先で、大鉄道市なるイベントを発見。

ほんのちょっとのスペースですが、鉄道車輌の部品や駅の時刻表など鉄道関係の品々が並べられて、ちょっとしたお店になっていた。

Pa0_0014.jpgPa0_0015.jpg

廃車解体になった車輌の部品や、使われなくなった古いものばかり。錆びていたり、シミがあったり、黄ばんでいたりで、見た目は汚い使えないガラクタ。

Pa0_0016.jpgPa0_0012.jpgPa0_0013.jpgPa0_0018.jpg

んー・・・たしかにね。

だけど、そこに寄ってくる子どもの目は、好奇心でキラキラしてる。
なんだこれ?何に使うんだろ?電車のどこに付いてるんだろ?って。子供の頃って自分もそうだけど、特に男の子は電車好きが多い。何でだろう。

子どもの目はキラキラしてても、一緒にいるお母さんまで同じとは限りません。そんな目をして見ている子どもに、「ほら帰るわよ。欲しかったら自分のおこづいで買いなさいっ」って。あちゃー、買えるわけないじゃないの。もう少し見せてあげてよ。確かに興味のない人にとっては、古い行き先表示機や座席の部品なんか、得体の知れないただのガラクタに見えてますよね?たぶん。大事な子どもにそんなのを触らせたくない?でもそんな言い方しないで欲しいなー。

Pa0_0019.jpgPa0_0020.jpgPa0_0010.jpgPa0_0017.jpg

Pa0_0011.jpg子供の頃、父親と自転車に二人乗りしてよく出かけたものでした。駅の近くの線路が集まっていて列車がよく見える場所だった。ただ座って、行きかう列車をずーっと眺めていたものでした。

当時は、町にある米軍基地に入る引込み線(貨物)には、蒸気機関車が使用されていたし、いろんな列車を見られてとっても楽しかった。

見てるだけで楽しいかったんですよね。今思い出してもすごくわくわく♪するくらい。今も同じような場所に行ったらずっと見ていられる気がするなぁ。

みんなにそれぞれ宝ものになるものがあるんじゃないかな。


タグ:鉄道
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

合格祈願のカナエルコーン [くま屋の入荷便り]

定番菓子の特別バージョンを見かけるようになると、もうそんな時期かぁーと感じます。うカ~ルだとか^^;

これはキャラメルコーンですが、よく見るとカナエルコーンになっている。願いや夢をかなえるわけで。
さらに合格=五角の星が入っている。

090110_0047~01.jpg090110_0049~01.jpg

受験生じゃないけど、会社のいや~な宿題をしながらサクサクと食べる。美味い美味い♪

だけど、そのあとかなりコクコク寝てしまいました~^^。明日からの連休の前にイヤなことは先にやってしまおうと、夜中から始めたのですがダメダメです^^;週末でちょっと疲れているし、夜中に勉強みたいなノリはもうできないか^^。そうでなくても、脳内がイヤがってるから睡魔に完敗するわけだ^^;

ちなみに歪なゴーカクの星は、「入ってるかも?!」のわりに6つも入ってた。


タグ: 合格
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初猫参り [くま散歩]

今年の年末年始は天気はとても良かったですね。
おかげで乾燥して、あちこちさわるごとに静電気がバチバチ。

そんな中、正月休みも最後の今日は中山法華経寺で、ご挨拶程度にお参りしてきました。

中山法華経寺

 

千葉に移ってからは、初詣は船橋に出かけているので今日のところはほんとに猫参りになるのかな。正月で人が出て混雑しているので、さすがにいつもよりは猫は少ないですが会えました。

あまりに人が多くて、猫も嫌がって出ていないかと思いましたが、天気が良いので日なたにはちらほらと出ていますね。彼らにとってもこの時期に愛嬌を振りまいておくのが得策ですな。そこまで考えているかは知りませんが、人が大勢囲んで撮影会になってもポージングは崩さず^^;中には子どもにちょっかい出されて[むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)]、さすがに猫パンチ[パンチ][猫]を繰り出すヤツもいるようですが、基本的に子どもは苦手ですからね^^;

そうそう、早いもので梅も咲いていました^^♪これから季節は確実に春に向くわけです♪
もうしばらくがまんしてお勤めしますか~^^;

mon.jpgtera.jpgneko2.jpgneko1.jpgume3.jpgume2.jpgume1.jpg

 


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

怪人二十面相・伝~K-20 [映画・テレビ・漫画]

今年も元旦恒例の映画鑑賞してきました。1日は1000円で観られますしね♪
だから、ここのところ毎年元旦は映画館へ行ってます。

今年はそう、怪人二十面相・伝。この原作は相当前に文庫本化された時に読んでいて、とても面白く思った話ですが、まさかこんなに面白い映画になってまた会えるとは思っていませんでした♪お正月初めの映画が当たりだと嬉しいねぇ。

k20bc.jpgillst.jpg

江戸川乱歩の少年探偵団シリーズの、怪人二十面相という名前は、日本人なら誰でも聞いたことがあると思いますが自分も例外じゃなく、子どもの頃に図書館に通って全巻読みまくりましたよ。学校の図書館にも大抵揃っていたんじゃないだろうか。名探偵明智小五郎、少年探偵団の小林少年と、怪人二十面相と呼ばれる正体不明の怪盗の対決。もう面白くてたまらなかったもんなー。

この原作になっている、怪人二十面相・伝は、江戸川乱歩作品じゃなくて、北村想さんが二十面相側から書いたパスティッシュです。なぜ彼は怪人二十面相になったかとか、彼の素性や、普段は何をしてるのかということを書いています。また明智との対決を二十面相側から書いているので、明智や小林少年のなんとまぁ嫌味な事か。映画ではすっごい嫌なやつになってます。小林君なんか泣かしてやりたくなりますな^^;いやぁ楽しい楽しい♪2時間以上ある映画なんですが、最後までわくわくして観てました。

あまり書いてしまうとネタバレになるので控えますが、観て損はない娯楽作品に仕上がっていますので、昔少年探偵団を面白く読んだ記憶がある方は是非観ていただきたいと思います。

話は設定からして原作とは相当違う話になってしまっていますが、映画としてこれはこれで大成功だと思います。あれこれ調べずに、いきなり劇場へ行って楽しんだほうが楽しめるかと思います。スタッフは、あの三丁目の夕日を作った方たちが再結集して作っていますので、架空の昭和の風景なんかも素晴らしいつくりになっています。

公開されている予告編にもあるので、これくらいいいかな?
さっき言った架空の昭和というのは、第二次世界大戦が回避されて昭和が旧体制のまま存続し、華族制度が極度の格差社会を作り出した帝都・・・1949年の東京が舞台になっています。そんな世界に、特権階級の富裕層に集中する富をターゲットに、次々と高価な美術品などを見事な手口で盗む怪人二十面相が世間を騒がせていた・・・という導入から映画は始まります。

導入部分から1949年の架空都市東京の空からの景色が広がります。この辺の景色が三丁目で見事に見せてくれた、VFX技術を駆使して作られています(オープニングだけで3ヶ月もかかったそうですよ)。1949年ですが戦争がなかったわけですから、高層ビルや東京タワーらしいものも建っています。

三丁目もそうでしたが、見えないところまでこだわる小道具と、各出演者が着る衣装にも相当こだわっていてくれて嬉しい限りです。

items.jpg

さて主な出演者は次の方たち。

  • 金城武・・・遠藤平吉
  • 松たか子・・・羽柴葉子
  • 仲村トオル・・・明智小五郎
  • 國村準・・・源治
  • 高島礼子・・・菊子
  • 益岡徹・・・浪越警部
  • 鹿賀丈史・・・謎の紳士
  • 本郷奏多 ・・・小林芳雄
  • 今井悠貴・・・シンスケ

金城の平吉はかっこいいですね~。仲村トオルの明智はイヤミったらしさがよく出ていました^^;やなやつでしたよ~。國村さんと高島さんの巧さに脱帽です。とてもいい役柄を演じていました。お姫様みたいな役どころの松さんも、どうかと思っていましたがこれがとてもよい^^。イメージとしては「カリオストロの城」のクラリスであり、良家の子女のたしなみです!と言いながら、オートジャイロを巧みに操縦して活躍するところなど、「天空の城ラピュタ」のフラップターでのシータ救出シーンを絶対意識してるだろー^^;という場面もあり楽しめます。スカッとしますよ^^

wahaha.jpg やはり縄梯子に笑い「ワッハッハハハハ・・・」はお約束ですよね。

最後にサウンドトラック。これも三丁目の夕日と同じく佐藤直紀さんです。映画に合った音楽で、聴いてるだけでもわくわくしてくるのでとっても気に入っています。やっぱりサントラCD買っちゃおうかなー。↓ちなみにAmazonでも試聴できます。

K-20 オリジナル・サウンドトラック

K-20 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: 佐藤直紀,サントラ
  • 出版社/メーカー: VAP =music=
  • 発売日: 2008/12/17
  • メディア: CD

原作はこちらかな

怪人二十面相・伝 (小学館文庫)

怪人二十面相・伝 (小学館文庫)

  • 作者: 北村 想
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/09/05
  • メディア: 文庫

しかしK-20=怪人二十面相とはわかりませんでした^^;
K-トゥエンティと読むのですが、ピンときません。二十面相はにじゅうめんそうだろー^^

でもまぁ役のイメージも一緒で、自分のように子ども時代に読んだ少年探偵団シリーズの本だけでイメージを膨らませてきた世代はもちろん、明智探偵や二十面相のイメージはそれぞれにみんな違うでしょうから感じ方もそれぞれ。こんな明智は許さんとか怒る人もいるかな?


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る