So-net無料ブログ作成

目撃!Kパンダ電車 [鉄道]

京成電車100周年だとか^^

いろんな復刻デザインの車輌を走らせるようですが、その中の一つ京成パンダ電車を目撃!

kpden.jpg

いやいや、さすがにこれはちょっと番外かな(笑)

それはそうと、青電と呼ばれる塗装した電車がまずは運行しているようです。この後もファイアーオレンジと呼ばれる電車も年末まで走るようです。休みはデジカメを準備して出かけてるのですが、なかなかお目にかかれませんでしたが、先日通勤途中に押上駅で隣のホームに金町行き青電が留まっていました!朝の通勤時では撮影もできず・・・泣く泣く別れました。ああ、逆方向だけど乗りたかった^^;

最近UPできないので取り急ぎこれだけ^^;


鉄道模型ショウ [鉄道]

P1060729a.jpgちょっと来週はこれに行ってみようと思ってます。

第31回鉄道模型ショウ2009

・2009年7月22日(水)~27日(月)
・松屋銀座8階大催場
・小学生以上500円(前売り400円)

毎年この時期に開催されているようです(第31回ですからねぇ)が、それにしても会期が1週間もないという短さ!

特に鉄道マニアでもありませんが、電車は大好きですので。模型だって40メートルものレイアウトの展示されるとのことで楽しみ。

前売り券を買ってきてもらったら、定期みたいなカードみたいなです。

◇  ◇  ◇

行った話はこちら


亀パラダイス清澄庭園 [くま散歩]

先週は上野の旧岩崎邸へ行ったものの、庭園がねちょっと物足りなかったので7/11今度は清澄庭園へ。あちらは「邸」ですからね、お屋敷はとても立派でございましたとも。

こちらは庭園ということでさすがに広々。池には鯉や亀や水鳥と生き物が沢山いて、散歩するのが楽しいところです。

P1060700a.jpgなんとこちらは入ってすぐの売店で鯉のエサとして「お麩」~150円が売っています!入園料と同じ値段のこの麩は、自分が食べてももちろんサクサク美味しいので、池の鯉や亀たちと分かち合いながら食べられます(笑)。

 

P1060707a.jpg

園内や池の水が汚れるからと、エサやりを禁止しているところが多いですが、ここではOKなんですね。対策してるのかな。生き物に食べ物をあげるのって楽しいですから、これは嬉しい。大人だって楽しいんだから、子供は目の色を変えてあげてました。楽しいですよねぇ。

中には食パンなんか持参してる家族もいて、豪快にエサやりをしてます。1枚を丸ごとフリスビーのように投げて、お父さんに叱られてる子が可笑しい。ただし、ここは池の周りに柵なんか一切ないですから、子どもは夢中になりすぎて落ちないように親が気をつけないといけません。

ここの池は魚が沢山いて、小さいのから目を見張るような見事な大きさの鯉までかなりいます。ですが、実はとっても亀率が高い。そこここに甲羅干し中の亀が。そして水の中にも亀がたくさん^^。もう10年分くらいいっぺんに見たかな。

P1060698a.jpgP1060708b.jpgP1060706b.jpg

人に慣れているので、食べ物を手に持って歩く人に付いて来るのがユーモラス。
亀は動きがのろいなんて固定観念吹っ飛びます。亀は意外と動きは早いのです。彼らやるときはやります。

P1060715a.jpg土手の中腹に落ちてしまった麩を目指して、池から一気に急斜面を上り来る亀。手足と首を一生懸命に延ばして目的までたどり着くと、ぱくっとかぶりつきます。

成功すると集中力が途切れるのか、手足の力が抜けてしまうらしく、上ってきた土手を見事にひっくり返りながら池に落ちてしまう亀が続出。実はこれ、もしかしたら一番効率よく早く池に戻れるから、見てるうちにわざと転げ落ちてるのではないかと思ってきた。いーやそうに違いない(笑)

さてこの庭園には大きな岩が沢山配置してあって、名前は良くわかりませんが、伊豆磯石、伊予青石、生駒石、伊豆式根石、佐渡赤玉石、相州真鶴石・・・などなど名札つきで置かれてあったりします。石好きにはたまらないようで、なんかの番組でここに来ていた宮崎美子さんが、石に頬ずりして喜んでいたのを憶えています。

ですからここは「石庭」でもあるのかな。これだけの石は、岩崎家が自社の汽船で全国の石産地から集めたものだとのことです。確かにこれだけの石は、石好きでなくても一見の価値はあるかと思います。

P1060711a.jpg

これだけの広い庭園は、こうやってゆっくり1周すればとても気持ちよいです。

そうそう、途中に菖蒲園なんかもあって、時期がもう少し早ければ菖蒲も見られたかな。

お弁当を準備していけば、そこで広げられるのが嬉しいです。こういうところって、実は弁当を広げて食べられるところってなかったりするんですよね。

前なんか、天気が雨だったせいもあって、食べるところがなくて、悲しく駅のホームでおにぎりを食べたこともあります。あれは悲しかった^^;

P1060714a.jpgP1060702a.jpg

さて、野鳥も来てました。波紋がさながら昔のネッシーの写真みたいで、また逆光で水鳥があんまりはっきり見えませんが、この鳥、潜水してしまうのです。普通のカモより2まわりりくらい小さいんですが、見ていると急に視界から消える・・・そして検討もつかないところに浮上している。なんて鳥だろう、なかなか敏捷なんですよねー。

最後に亀のアップ。こんなちっちゃな顔ですが、目が合うのがわかるんですよ^^;
それで近くまで来るので、今回はまじまじと顔をみました(お互いに)が、なかなかじじむさい顔をしてますな(爆)。
(余談、癒されたはずが・・・金曜からの偏頭痛[どんっ(衝撃)](だと思う)が治まらなくて三日目・・・ど、ど、ど、どうなってんの~[あせあせ(飛び散る汗)]

P1060721a.jpg

清澄庭園


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

七夕のお願い [くま散歩]

今日はせっかくの嬉しい月曜休みだったのですが、朝から小刻みに雨が降ったりやんだり。
梅雨の真っ最中ですから仕方がありませんが、先週からずっと今日までぐずぐずじめじめで。
そろそろスカッと一日くらい爽やかな日が来てくれないかと思うのですが、なったらなったらで暑いと文句をいうね、たぶん絶対(笑)。

そうは言いながらも、昨日と一昨日はあまり雨にはあたらなかったので、上野方面、佐倉方面と散策(機会があればこの話ははまた)。今日は中途半端な時間からだったので、近場の公園に出没。公園といっても鳥の来る池や菖蒲田、古民家まである広い公園なのでちょくちょく行きます。

1ヶ月ちょっと前に行ったときに、子ガモ連れのカルガモがいたのでまた会えるかと思ってたら。もうこんなに大きくなっていました。どれが親だか子どもだか?

P1060680a.jpg

そして必ず寄るのが古民家~旧鴇田家住宅。享保13年(1728年)に建てられた実籾村の旧家。関東では珍しい大きな東北南部曲り家で、家の中には様々な民芸具、資料が展示されています。(古い記事でも、ちょっと紹介してました。よろしければこちらもごらんください^^。)

平日で人がいないし全部開け放っているので、暗い家の中を通して裏の庭の緑が美しい。実際はもっと美しく見えるんですが、景色をそのまま切り取るような写真を撮る腕もなく^^;これが一番見た目に近い感じかな。

P1060688a.jpg

明日は七夕ですよね。この家の軒下に七夕飾りが飾ってありました。短冊とペンも用意されていて、訪れた人がお願いなどを自由に書いて飾れるようですので自分も意味不明のクマ短冊を。人が誰もいないから^^;(笑)ごめんなさい。

P1060683a.jpgP1060684a.jpg

他の短冊ので、「うちゅー人に会いたい、それとお金もち」というのが目に付きました。(だって赤い短冊で目立ってるし・・・^^;)金持ちかー。おいらも欲しいわそれ(爆)。

やっぱり今年の七夕も星はみえないでしょうかねー☆


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

東武博物館~リニューアル前その2 [鉄道]

自分でUPした写真をみていたら、またまた気持ちよくなったので今日も続き。[ぴかぴか(新しい)]

今日はバス。キャブオーバーバスであります。一見今走るバスとあまり変わらない箱型バスに見えますが、実はエンジンはボンネットバスと同じ前部のまま。ボンネット部だった部分がすっぽり車体に覆われて、運転席の横ににエンジンを覆った部分が入ってしまっています。右側の写真の奥に見える緑色の部分がそれ。

P1030530b.jpgP1030531b.jpg

P1030532b.jpg実を言うと、このキャブオーバーバスというのは記憶にありません。田舎だったせいでしょうか、ボンネットバスはなんとなく憶えているのですが・・・

でもこのウインカーははっきり憶えています^^。曲がる方向が点滅するだけでなく、このウインカーは羽根のように飛び出すんですよね。ミラーの下の、折りたたみナイフのように見える部分がウインカーで、オレンジ色の部分が、ガシャっと90度持ち上がって点滅するんですよ。

この動くウインカーが面白くて、子供の頃は喜んで見てたもんです。

◇  ◇  ◇

東武博物館リニューアルオープンは、2009年7月22日 AM10:00~
東武博物館
リニューアル詳細情報(PDF)


東武博物館~リニューアル前その1 [鉄道]

前回記事の続き。
写真を見ていたら気持ちよくなったのでもう少し続きを^^。

いい感じなのは、きれいに展示されている東武デハ5電車。大正13年、浅草(現業平橋駅)⇔西新井駅区間が電化されたのを機会に登場。東武で最初に投入された木造車輌8両のうちの1両だそうです。昭和31年からは西新井工場の車輌入換用に使用されていたため、生き残っていたようです。

P1030497a.jpg

きれいですね~[ぴかぴか(新しい)]

P1030510a.jpgP1030487a.jpg

木造の車内って、こうして見ると色のバランスが素晴らしくて、とても調和が取れています。だから、安心させられて落ち着いた気持ちになれるんでしょうな。

P1030511a.jpgP1030494a.jpg

 


メッセージを送る