So-net無料ブログ作成
検索選択

彩雲 [くま散歩]

1月31日15:57南西方向にちょっとだけ彩雲が見られました。
初めて見たんですが、Wikiによると実際は特に珍しくない現象らしいですね。空の一部が虹のように彩られるので、なんかとてもラッキーな気がしましたけどね。そう思うのは昔も同じようで、阿弥陀様が五色の雲に乗ってくる来迎図ように、めでたいことの前兆とも言われてようです。もっとも地震などの前兆とも言われたりもするようですが、そっちのほうはご勘弁願いたいわけで^^;

下の写真の真ん中あたりの明るいところが彩雲。もっと気が付くのが早かったら、もう少しはっきり写真にできたかもしれません。残念。虹のように彩られる本来の彩雲の写真はこちらで見られます。美しいです。

saiun480.jpg

10倍ズームで撮影した写真はこれ。まだ少し虹色があるのがわかるかな。このあと5分ぐらいで完全に消えました。

saiun480zm.jpg

さて、なんの吉兆だったのかは・・・明日から2月、確かめられますかどうか。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春未満 [くま散歩]

正月なんかすっかり忘れてしまいました(ちょっとボヤキ^^;)。
それもそのはず来週から2月だわ。

ここはいつもの中山法華経寺。2月3日の節分会の準備が進んでいました。行ったことはありませんが、盛大に行われるそうで著名人も参加するようです。いつもどおりであれば美輪明宏さんや、関取が参加するはずです。ちなみにこちらは鬼子母神を祀っているので、掛け声は福は内~だけで、鬼は外~は言わないそうですよ。

nakaL_237.jpgkobaiP237.jpg

梅だってこのとおり。 ここだけみてると今日も暖かいし、明日からは春じゃなかろうかと思いますが・・・。そうはいきませんわな。日陰だったり、風が動くとまだやっぱり寒いもんねぇ。あまいあまい。

wumebP237.jpgwumeaP237.jpg

それでも陽があたっているとこれこのとおり。

itaneko480.jpgzzzneko480.jpg

参道でおいしい饅頭と大福を買い、中山駅ホームのベンチで温かいお茶で一服。心地いい電車待ちの数分間でありましょ?自分結構気に入ってるのです。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スカイツリー300メートルまであと少し [スカイツリー]

またスカイツリーを見に行ってきました。
現在の高さは281メートル。もうすぐ300メートルということは、東京タワーを追い抜くのももう少し。さらに634メートルまで伸びるっていうんですから、まだまだ2倍以上は高くなる。あちゃーもうそろそろ業平橋駅周辺からはこのカメラに収まらない。いくら広角28ミリ載っててもそろそろ限界ですなぁ。

P1070992a.jpgP1070996a.jpgP1080027a.jpgasahi.240jpg.jpg

今日はぶらぶらと、業平橋→本所吾妻橋→浅草方面へ散歩。あのアサヒビールの吾妻橋ビル22階のSky Roomでひと休み。今日は天気が良いので眺めは最高でした。眼下のデパートの屋上に遊戯場がるのを発見。こういうのは最近じゃ珍しくなりましたよねぇ。小さいころはデパートの屋上ってパラダイスだったのにさ。^^

okujo_480.jpg

そうじゃありません?^^;

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

九州くまにょろ⑤うまい魚と焼酎は♪《博多》 [くま旅百景]

前回の続き・・・といっても去年のことじゃないか^^;
しかも旅行は去年の3月でしたから、もうすぐ1年経ってしまう・・・。初めての九州だったのでとても面白かったんですよね~。そんなこんなで、ちまちまゆるゆると続けています^^。ということで、書いたのは今ですが内容は、2009年3中旬の話でありますよ。

太宰府から西鉄で再度天神に戻り~。電車好きは何はともあれ写真は撮る^^;。

trainhead237.jpgtrainbody237.jpgtenjin480.jpg

博多に戻る前にここの街で買い物をしてみたのですが、人が多いですね、さすがにここは都会。それでも路上には見慣れない表示が。これがあの「おしチャリ」!。チヨロギさんとこでも紹介されていたのと同じですね。人が多いので、自転車は降りて"おしちゃり~"というしゃれですな。こういうしゃれをかませたキャッチなんかは大阪方面ではよく見ますが、関東方面じゃあまり見ないですねぇ。やっぱり地域性なんでしょうかね。

oshichari320.jpg

さて食事のためにいったんホテルへ荷物を置いて、昼間にめぼしをつけておいたホテル近くのお店へ。魚がおいしそうだし、焼酎も飲めそうだし^^;魚一番という名前からして魚に自信ありありでしょー!。はたしてこれがこれが大当たり

カウンターにいた他の客が言っていたのを聞いたんですが、(多分同じホテルの客)ホテル前からタクシーで、魚の美味しい店に行ってよ~と言ったら、隣のこの店に来たと笑ってましたが^^;。それってワンメーターもいいところでしょ、もー(爆)。

uo1ban480.jpg

明るいうちでまだテーブル席も空いてるのに、いきなりカウンターへ通され^^;初めて来たのに見透かされました。まぁ自分たち夫婦は飲みます!食べます!と顔に書いてあったに違いない。まぁカウンターを希望する気満々でしたか、これで何も問題なく良かったんですけどね(笑)。

三岳が500円で飲める素晴らしさ[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
このころは焼酎の銘柄なんてほとんど知りませんでしたが、この三岳は東京のほうではほとんど飲めませんし、手に入りません。今お店のホームページを見ると銘柄は変わっているようですけど素晴らしい。しかもこのときは本日の焼酎250円という格安な焼酎があったんで、期待しないで(失礼ながら)銘柄を聞いたら黒霧島でした。う~むおそるべし九州。

yakisoramame237.jpgkorokiri237.jpgoshinagaki480.jpg

カウンターは何が良いかっていうと、食材は目の前だし、板さんと話ができるし、面白いからです。今日のおすすめはなんですかね~なんて話しながら、向こうもこちらの今までに注文した料理から考えながらおすすめを作ってくれたり。初めてなのにこういうのがうれしいし面白い。何倍も美味しくいただけます。お酒は楽しく飲まないといけません。それにどんな美味しい料理が食べられても、また来たいなと思う決定的なのは人ですから。お店は人ですよ。

counter480.jpg

さて好みを聞いてもらって作ってもらったのがこのお刺身。盛りもきれいだし、ぶりもたこも最高に美味しかったねぇ。

mori480.jpg

こちらは魚じゃありません(見ればわかるよねぇ)。これって「ばってんなす」っていう、甘いお味噌をつけてこのまま食べる小さめの茄子。初めて食べましたが、これはみずみずしくてとっても美味しい。

nasu480.jpg

いいだけ食べて飲んで(ホテルが隣だからゆっくりしてる^^;)最後にもうひとつ(まだ食べるんかい^^;)お刺身を~と言って、板さんにお任せして作ってもらったのはこれ。トロのお刺身!脂は全然しつこくなくて美味しかった。実は出てきた時にトロだと聞いて、お金が心配になりましたが通常値段でした。小心者であります^^ゞ

ootoro480.jpg

このほかにもたくさん食べて心身ともに満足してホテルに帰り、ゆっくり休んで明日からの旅の滋養になったわけです(笑)。これってまだ旅行1日目ですけど。次の日は長崎への電車の旅なわけです。

実は今年の3月もまた九州旅行を計画中だったりして^^;。
この店にも寄るためにもちろん博多にも一泊の予定だぞ(爆)。

魚一番


nice!(8)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

天の川銀河の向こう [くま散歩]

しかし東京は寒い[雪]。千葉から出かけていくとホントそう感じます。

今日は葛飾区の郷土と天文の博物館にあるプラネタリウムに。
何度か行っているのですが、450円で素晴らしい番組が観られますよ、ここは。(通常番組時は350円)
ここのプラネタリウムはこだわっているらしく、上映番組はオリジナルだし解説も人です。というとしょぼいとか物足りないようなイメージがあるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。かなり楽しめます。

この時期は「かつしかから宇宙へ」という番組。この博物館からぎゅーんと一気に上昇して、太陽系の惑星をめぐり、そして太陽系の外へ、銀河系を超えて、さらに果てまで行ってそこから宇宙を眺めて帰ってくる。ぎゅんぎゅん上がったり周ったりで、少しこれは酔ってしまったかもしれません^^;

映像はもちろん素晴らしいです。番組途中では、座席肘掛けについている3つのボタンを使って、多数決によって旅先(テーマ)決めるというお得意の3択コーナーもありでなかなか楽しい。40分くらい宇宙旅行は十分楽しめます。

葛飾区郷土と天文の博物館

 

↓昨年秋の特集番組だと思いますが参考まで^^。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

坂の上の雲記念グッズ(笑) [くま屋の入荷便り]

年末のNHKスペシャルドラマの「坂の上のくま」がとても面白かったので、ついに原作にまで手を出して読書中です。大作ながら面白くて今のところ順調順調♪先にドラマを観てるので、登場人物は頭の中ですべてそのキャスティングであります^^;

地元NHK松山放送局にもご当地ホームページがあって、地元密着の内容が紹介されていてこちらのほうも面白いです。こちらには「あなたの雲写真大募集」という企画がありまして、自分も応募していたんですが今日記念グッズが届きました。

nhkletter.jpgkinen.jpg

特にドラマの特別グッズというわけではないですけどね、松山放送局のグッズということですか。ハンドタオル、番宣ポストカードなどでした^^。ポストカードは坂の上の雲のほかに龍馬伝、ウェルかめの4枚セットです。大河も龍馬なので、ご当地四国は今年は観光客も多いんでしょうね。

さて、ちなみに応募した「あなたの雲写真大募集」のコーナーではまだ写真を募集しているようです。すべての応募写真は、このコーナーで公開されています。とうぜんわたくしの写真もありますので、お時間があるかたはどうぞ見てやってください^^。投稿者は都道府県別にも絞れますから、千葉県を選ぶと0456番の「くま屋のそーすけ」が比較的簡単にさがせたりします(笑)。

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

増色 [くま散歩]

今年はまだ中山法華経寺にご挨拶していないので行ってきました。
散歩のように行けるのはとても良い。猫にも会えますしね。

その前にいつものように法華経寺の参道から横に入り、安世院へつづく小径に入ります。安世院は法華経寺の四塔頭(院家)のひとつ。こちらは参道からちょっと入っただけですが、参道の音がふっと消えてしまうところでお気に入りの径。この先に見える赤い門をくぐると、鳥の声しか聞こえない静寂さに驚きます。こじんまりとしていますが、庭には花がたくさん植えられていてよく手入れされていてきれいな庭です。

mochitogate.jpg

さて、法華経寺はまだ初詣の人が意外に多くて、甘酒のお店なんかも出ていて賑わっていました。(うー、自分は甘酒だめなんですよねぇ^^;)。もう成人の日ですから、初詣の人はいないかと思っていましたけど、まだお守りも売っていたりして、今日までですかね。

いつものように裏手に回ると、枝が全体的にほんのり赤っぽく見えるような。これ梅の花がいくつかほころんでいて、顔を近づけるとほのかに梅の香がしたり。梅の花いい香りですねぇ♪もっと咲いてくると季節的に、だんだん鼻がむずむずしてくる季節でもありますねぇ。それはやだなぁ。

ume.jpg

そんな梅の木にはこんなお願いが、「おみくじを自分に結ばないでね」って。おかげでおみくじはひとつも結ばれていませんでした。みなさんナイスマナー。この隣の写真は最初に寄った安世院の庭にあった蝋梅。近くに寄れなくてフォーカスが合わずピンボケで残念ですが、蝋梅ってのはきれいな色と質感です。こういうときは一眼カメラじゃないと厳しいですね。

mikuji.jpgrobai.jpg

今日は寒かったので、猫たちには会えないかと思ってましたが、結構普通どおりの持ち場にいてくれました。寒いのにみなお勤めに出てくれていたようです。今年もよろしく!

nya.jpg

これから行く度に、参道に境内に色が増えていくのは楽しみ♪


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

坂の上の雲に宮古湾海戦の件が [時代・新選組]

年末のNHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」があまりにも面白かったので、ついに原作に手を出して読み出しているのですが、第1巻の東郷平八郎(ドラマでは渡哲也さんが演じていましたがかっこよかったなぁ)の履歴紹介のくだりで、新選組の土方さんも参加した宮古湾海戦の話が出てきました♪

これは明治2年、新政府軍の最新鋭艦「甲鉄」を奪取すべく、幕府軍艦の回天、蟠竜、高雄が箱館港を出港。回天艦長は甲賀源吾、そして新選組の土方歳三らも乗艦していました。

この作戦はもともと無茶だったこともありますが、さらにことごとくついていなかった。箱館港を出港してからは暴風雨に会い艦隊は離散。回天と高雄は合流しましたが、高雄は機関故障のため結局突入は回天だけで、土方率いる陸兵の突入作戦に切り替えました。当初の予定は、蟠竜、高雄で左右から甲鉄を挟むようにして接舷し、抜刀した兵士で一気に艦を制圧して奪う計画だったんですがね。

回天は接舷しない予定だったのですが、結局この回天が突入するというさらに無茶な計画になってしまいました。回天は外輪船のため、それが邪魔になって横になって接舷できず舷側から突入することは不可能。艦首を接舷させて突入することになるのですが、突入口が狭いことと回天の艦首と甲鉄との高低差が3メートルもあり、突入部隊が飛び降りるのをためらってしまうわけです。3mの高さというと相当高く感じるのも無理ないですよね。その間に甲鉄のガトリング砲の標的になってしまうのです。

この宮古湾海戦に東郷平八郎は薩摩藩砲術士官として参戦していて、その時の紹介として新選組の土方歳三などとこの宮古湾海戦の話が出てきました。東郷は「艦尾の機関砲をあやつってこれを撃退した。」と。

坂の上の雲は明治の話ですがまだ幕末の色を濃く残している時代なので、興味深く面白く読んでいけてます^^。幕末の話がこのように出てくるとさらに面白い。

結局この宮古湾海戦は、甲鉄奪取もかなわず旧幕府軍は大敗して引き上げています。回天と蟠竜は何とか箱館に帰還していますが、高雄は敵に追われて自沈。旧幕府軍艦は回天と蟠竜だけになってしまい、さらに海軍力に差がついてしまったわけです。そもそも榎本艦隊の旗艦「開陽」が座礁沈没してしまったため、戦力差を縮めようと計画した作戦でしたが失敗に終わり、戦力差は決定的になってしまいました。

甲鉄は幕府がアメリカに発注していた船だったはずで、納品しに来たら日本は内戦状態で明治政府が受け取ったようなもの。旧幕府の箱館政府の面々としてはなんとも悔しい思いだったはず。それもあってこの奪取作戦を敢行させたのですが、成功していても降伏を少し遅らせたくらいだったか。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんなときにトイレが詰まって大慌て [くま屋の入荷便り]

body.jpg

大晦日に帰省予定だったので、大きな掃除は29日までに終えて、30日は細かいところをちょこちょこやってゆっくりしてようと思ってたのですが・・・最後のトイレ掃除で排水詰まりが発生~!

緊急事態発生[爆弾]
実はウチはすでに2回業者を呼んでいるお得意さんです。この手の詰まりで業者を呼ぶと結構高い。単純な詰まりでも普通で8000円前後かかります。運悪くぼったくり業者にあたってしまうと、2万~3万とられてしまうこともあるようです(気をつけましょう)。

もっとも詰まった部分がパイプの奥だったり、詰まったものが紙以外のものだと、便器を取り外しての作業になってしまことがあります。こうなると自分じゃできませんので、そのくらいはかかってしまうようです。

よくあるのはトイレットペーパーの流しすぎ。水に溶けるからと、安心しているととんでもないことになります。トイレットペーパーは水に溶けますが、一度に大量に流すと溶け切れなくて詰まります。

トイレの中をトイレットペーパーで掃除して、そのまま便器の中にポイッって捨ててしまうことがあると思いますが、ついつい大目の量になってしまうのでこれはつまりの原因になりますので気をつけましょう。

ウチの場合これも原因ですが、ウチのは水の引きが弱いということも重なって詰まりやすいようです。

3度目のトイレ詰まりだし、帰省前に安くない修理費用を払うのも避けたいし(年末年始で割増料金がかかるのは目に見えてるし)、なんとかならんもんかとネットで検索開始。こちらで丁寧な説明を発見[ぴかぴか(新しい)]したので、その道具を買いにホームセンターへ直行。同じ器具「パイプクリーナー」を買ってきました。あ、トイレつまりのときは、先に吸盤のようなゴムが付いている器具「カッポン」(勝手に命名)で、先に試してみるのが普通です。うちの場合は過去もだめだったのでいきなりこれを使います。

さて、このパイプクリーナーは大きな注射器のようなもので、先には吸盤状のゴム。その部分を便器の排水口に密着させて、空気圧をかけて詰まっているものを押し出したり吸い出したりするようです。原理は単純なんですがね。カッポンの強化型ですね。

◇   ◇   ◇

祈るような気持ちで作業開始[exclamation]
押したり引いたり何度かガボガボ[あせあせ(飛び散る汗)]・・・やりました!詰まりは解消。詰まっていたトイレットペーパーは、多分外のパイプに押し出されたと思われます。便器のパイプから外のパイプに出るまでが細いので詰まりやすいんですよね~[あせあせ(飛び散る汗)]

そうそう、気をつけることは便器内に水がある程度たまった状態でやるほうが効果があるようです。すると水が外に飛び散りますので、便器の上側を覆うくらいの大きな透明なビニールシートの真ん中に穴を空けて、そこからクリーナーを通して作業をするといいと思います。自分の場合水が飛び散るのを嫌って、最初は水がない状態で作業をしていましたがうまくいきませんでした。説明書の絵をよく見ると、便器の中に水を溜めた状態で作業をしています。これに気が付いて、このとおりにやったらうまくいきました。

ということで、修理代を浮かせることに成功♪
帰省前にのんびりする日のはずが、とんでもないことになってしまいましたがこれで安心。トイレがないとそりゃぁ困りますから~。トイレが2つあるお宅はこんな時には安心ですねぇ、うらやましい。

 

◇   ◇   ◇

さて、詰まりも見事に解消して感謝感謝良かった良かったなんですが、このパイプクリーナーは突っ込みどころ満載なんですよ。いえいえ製品としては問題ないですけど、説明書がねぇ・・・。

特に原産国表示はないようですが、日本製ではないと思われ、本体やタグに日本語の誤表記が多数あります。こんなに間違っているのにこのまま店頭に並べるとはある意味天晴れ。まぁだからといってこれで怪我をするような製品ではないと思うので、実質はそれほど問題にならないかもしれませんですがねぇ。仕事柄ついつい指摘したくなっちゃうんだよなー。

「解」「最」の字が一般的な漢字じゃないですね。

引力」はやはり一般的な漢字じゃないし、「取除き」は「り」だけがサイズが違うし、どうも書体も違うようで違和感ありすぎでしょ。

これは「上る」「下る」に濁点忘れてるねぇ。
 
読点「」の位置は日本は中央でなく下ですがねぇ。
 
ーバーフロー」とはなんだろうと、しばらく考えたんですがね(さいばーふろー?CYBER?え?)、これは「オーバーフロー」でしょうかね。「オ」と「才」は形が似てますわな^^;それと「結」は一般的な漢字じゃないですねぇ。
 
 
これはちょっと笑えますよ。寸法がゴム質だから誤差があるんだそうです(笑)。ちょっとちょっと[わーい(嬉しい顔)]!あえて書くなら、「本製品はゴム製の部分を含むため、上記寸法とは多少異なることがあります。」でしょうか。
 
これだけおかしいと、どんな会社が出してるんだろうと会社のHPを見たくなりまして見に行ったんですがね、これがHPは立派なんで逆にびっくりしました。しかし製品に付属するこういう文書って、製品や会社の品格を落とすことになりかねないですね。同じような仕事をする身として、実際は笑えないことで他人事じゃないとシミジミ思ったのであります。
 
あー怖いですね怖いですね怖いですねー^^;



 


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京ディズニーランドホテル [ディズニー&USJ]

また去年の話になってしましまいますが、しかもクリスマスの時期^^;
イクスピアリへ映画を観に行った時の空き時間で、東京ディズニーリゾートでの一番新しいオフィシャルホテル東京ディズニーランドホテルをちょっと見学してきたんですが、あまりにゴージャスで雰囲気が良かったので、今更ながらご紹介。宿泊するにはちょっとお高いですが、ちょっと入って見学するのはOKだし、ホテルのショップも覗けたりもできますし♪とにかくゴージャスなので、近くまで行ったら、時間があれば一度覗いてみる価値はあります。

JR舞浜駅を降りてランド方向に橋の上を歩いていくと、正面に大きな建物が見えるはずです。これが東京ディズニーランドホテル。

bridge_480.jpg

しばらくこのまま橋を歩いて行ったら、この先のちょっと曲がるところでランドとは反対側に橋を降りると、どどーんとさらに大きく見えるホテルが目の前に現れます。

このゲートから中に入ってみます。

front_480.jpg

広い中庭があってベンチもあるので、写真を撮ったり散策したり。ホテルの方に声をかけて、写真を撮ってもらってもいいですね~。庭にはなかなか良い感じでベンチなどがあるので、ちょっとポーズをつけて撮ったりするとゴージャスな写真が撮れて面白いかな。

このときはちょうどクリスマスの時期だったので、ホテルの内外はツリーやリースの飾りがあちこちにしてあって綺麗でした。ティンカーベルを、正面にあしらったリースはひとつ欲しかったな^^。

dlh1_237.jpgdlh2_237.jpglobby1_237.jpgリース_237.jpg

ホテル内のショップもホテルオリジナルのグッズがたくさん。このホテルの制服を着たミッキーなど、ここにしかないオリジナルアイテムがたくさん揃っています。そうそう、ホテルの目の前はモノレールの駅なので、シーへ行くのも楽々移動できますね。もちろん、ランドはこの駅の下をくぐるとゲートは目の前。素晴らしいロケーションであります。

dlhshop_237.jpgland_sta_237.jpg

そしてホテルのロビーの空間もこんなに広くてゴージャス。

lobby2_480.jpg

こちらは駅の入り口とは反対側の入り口。車留めのある入り口の前には、ファンタジアがモチーフになった大きなガーデンがあります。噴水では魔法使いの弟子のミッキーがタクトを振るい、周りにはいろんなキャラクタが配されています。植え込みからなにから綺麗にレイアウトされたすばらしい庭です。

fountain_480.jpgfanta_hipo480.jpg

さすがですねぇ。
あちこち見ていたら、映画の時間にぎりぎりになってしまって、ちょっと慌てて移動することになってしまいました。
そのくらい、見るだけでもなかなか面白いと思います。ちょっとおすすめですよここは。是非泊まってみたいと思いますがなかなかねぇ。

でも、何かの記念日とかには奮発して・・・。ねぇおとうさん^^。


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る