So-net無料ブログ作成
検索選択

志の輔独演会 [なんでも帳]

P1080251.jpg今日はこれから志の輔さんの独演会に行ってきます♪落語は久々なので楽しみ楽しみ♪

もうひとつの楽しみは、銀座なので銀座から「銀座なう」ってつぶやいてみたいな~~~と(爆)

いってきやんす。


タグ:志の輔
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国立西洋美術館~常設展示無料観覧日 [くま散歩]

今まで知りませんでした私。
あの上野の国立西洋美術館が、常設展示のみですが、無料観覧日があるということを。

今や国の重要文化財であり、世界遺産の暫定リストに登録されることが決定している、その国立西洋美術館ですがなんと太っ腹なことをしてくれているものです!とはいっても、毎月第2、第4土曜日と文化の日です。

seiyo_out_480.jpg

で、先日の第2土曜日の13日に早速行ってきました。雨の寒い日でしたが、来ている人は結構多かったと思います。常設展示だけとはいえ、13のエリアに分けられた展示はなかなか見ごたえありますね。

seiyoin_480.jpg

そして、驚いたことに、ここは一部を除いて撮影OKなんです(フラッシュはだめです)!小心者なんで、そう聞いてはいても一応フロアにいる係りの方に確かめたらやっぱりOKでした(笑)。撮影できないところも教えてくれます。

撮影できるということはですよ、近くによって写真を撮ることも可能なわけで、筆の運びが細部までわかるくらいに近づいて勉強できるってことですね。これは好きな人にはたまらないですよ。有名な画家のタッチが見れるわけで。こんなにうれしいことはない。ですね

paul_1_480.jpgpaul_zm_480.jpg

自分が一番びっくりしたのは、2008年のハンマースホイ展に展示されていた「ピアノを弾く妻イーダのいる室内」が、新収蔵作品として常設展示されていたこと(買ったんだ~^^いいなぁ)。そのときのお気に入りの絵の1つなんですよこれ。これが無料で近くで見られて、写真まで撮れるんですからねー!大興奮。

hammer1_480.jpghammer2_480.jpg

20081018.jpg これは2008年のハンマースホイ展の時の美術館入口

帰りにshopで少しだけ絵葉書を買って美術館を出ました、約2時間堪能できました。いやー良かった[ぴかぴか(新しい)]

postcard_237.jpgshop.jpg

◇  ◇  ◇

雨の中上野公園の帰り道。知ってはいましたが、ここが正岡子規記念球場。ちゃんと見たのは初めて。坂の上の雲を観たり読んだりしてなかったら、今日も素通りしていたでしょう^^;今では外野は天然芝なんだとか。

shiki_st_480.jpg

球場横には句碑があって、「春風や まりを投げたき 草の原」とあります。
のぼさん、もうすぐ野球も開幕ぞな^^;[野球]


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっとフォントで遊ぶ [なんでも帳]

ロゴマーク同様に、ゲームタイトルで使われているかっこいいフォントでちょっと遊んでみました^^;

FFfont.gif このフォントでこんなこと・・・おー、サブストーリーっぽい(おい)

ff_kumaya3.gif

ブログタイトルも作ってみたり。なんかうれし(笑)

ff_kumaya2.gif

Final Fantasyフォントはこちら^^

◇  ◇  ◇

biofont.gif 一時期はまったゲーム

これでもタイトルを作ってみたり・・・あんまり怖くないですね(爆)

bio_kumaya.gif

BIOHAZARDフォントはこちら^^


タグ:フォント
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Even the pig climbs the tree if flattered. [くま屋の入荷便り]

copy.jpg

おだてブタって・・・長いよ英語^^;

ブタもおだてりゃ木に登る~♪
って今のマックのハッピーセットのおまけ。前はポチッとなボタンでしたけど今度はこれ。しゃべらないのが残念。おだてブタを「M」のサイン下に持ち上げて固定すると光ります[ぴかぴか(新しい)]

off.jpgon.jpg

「M」を押すとおだて終了で、ストンと落下^^;(ここがミソなのかな)

だからなんなんだっていうともうひとつ・・・やっぱりしゃべって欲しかったなぁ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スカイツリー300メートル超 [スカイツリー]

over300.jpg建設中のスカイツリーが、300メートルを超えたと報道されていました。

これは蔵前方面から見えたスカイツリーですが、クレーンでユニットを持ち上げていました。こうして一つ一つ積み上げてきたんですねぇ。

まだこの倍以上も高くなるわけで・・・。高いところが苦手の自分には、こういう高所での作業現場などは想像もつきません、ほえぇ~^^; あたりの景色は一変してしまうんでしょう。な~

このタワーの姿は今だけ。

 


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Now, come on! [くま屋の入荷便り]

マクドナルドのハッピーセットのおまけ。最近のは、光る鳴る動くでpower upしてますよね。
映画もないのになんでか今はヤッターマン関係がおまけですね。
その中でこれ、三悪のボヤッキーがお決まりで押すこのスイッチがおまけになっているのは素晴らしい[ぴかぴか(新しい)]
(映画版での生瀬さんのボヤッキーはすごかったなぁ・・・余談^^)

p_switch.jpgswitch_bag.jpg

押しても、今週のビックリドッキリメカは出てきませんが、3種類の声が鳴ります。
「やっておしまい!」、「あらほらさっさー」、「ポチッとな」 。「やっておしまい!」だけは「や」にアクセントがあって、なんか違うんですけど、今のアニメ版ではこれなんでしょうかね。ま、いいや。これ結構音が大きくて楽しい楽しい♪

玄関のドアの横につけようとしたら奥さんに怒られました。「絶対に押すな」と書いてつけとくと・・・必ず押すよねぇ。(笑)

これは2/18まで、2/19からは品が変わります^^。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東大キャンパス~本郷界隈坂散歩 [くま散歩]

先月31日のことですが本郷界隈を散歩しました。
そう、ここは東大本郷キャンパスがあります。入学するのはそれはもうなかなかできませんが、散歩なら誰でも堂々と入れます!(笑)。警備の人はいますが、よっぽど怪しくない限りは入れるみたいで、近所の人や観光客も来ていました。

自分もおのぼりさんよろしく見学して来ました。とはいっても中は相当広いので、全部まわるのはムリムリ。散歩ですからぶらぶらです。もっとも現役東大生がキャンパスを案内してくれるキャンパスツアー(無料)もあるようです。申し込みはホームページよりできるようですので面白いかもしれません(自分は未確認なのでこの話はここまで^^;)。

ここが有名な東大の赤門ですか~。正しくは旧加賀藩屋敷御守殿門という名前。11代将軍家斉の娘溶姫(やすひめ)が、前田家へ嫁入りした際に建てられたそうです。さすが将軍家のお姫様を嫁にするとなると、門まで新しく造らんといかんですか^^;今や東大のシンボルですがそんなエピソードがあるんですね。今回はただの散歩なのでその話はここまで^^。

akamon480.jpg

門からだいぶ中に入りますがこれも有名な安田講堂。学生運動が盛んな時代に、このキャンパスを占拠した学生たちと警察が衝突した東大安田講堂事件は、田舎のまだ小さかった子供の記憶にも残るくらいの事件でした。ここがその講堂とはねぇ。今はもちろんのんびりしてまして、学生運動の気配すらありません。キャンパス内は猫だって自由往来です。中にはドトールもスターバックスもローソンもありますし、普通の売店もあるんですがそこでは東大グッズも売っています。東大ノートなどの文具からお土産までいろいろあるぞ。

yasuda480.jpgtodaicat237L.jpgtodai237L.jpg

場所も建物も古いので、あちことになにこれ?てのがたくさんありますね。視線を下に向けるとマンホールの蓋。
帝大下水、東京帝国大学の文字があります。右の写真の蓋の真ん中に「暗」の文字。これなんだろうなーと調べたら、あーわかりました。「暗渠(あんきょ)」って言葉があるんですね。地中に埋設された河川や水路のことだそうです。マンホールの中は暗いから「暗」・・・なんて思った自分はバカです^^;(爆)。このほかにもいろんな文字が書かれた蓋があるので、散歩のときに探してみるのも面白いかもしれないですね。

todaihole237L2.jpgtodaihole237L.jpg
帝国大学時代のマンホール(明治19年~明治30年)  東京帝国大学時代のマンホール(明治30年~昭和22年)

キャンパスからふと外を見るとピンクの建物。「なにこれー」とよく見ると郵便局。KitKatの広告ですね。「キットサクラサク」か・・・そういえばそういうシーズンですね。

kitpink480.jpg

東大キャンパスを出て、さっきの郵便局の前を通り過ぎるとこんなのが。「落第横丁通り」。看板を見ると別に落第しそうなお店はないようですけど、昔はなんかあったんでしょうかね。ちなみにこの3本先には「合格横丁」があります^^。何事も光と影が一対なわけか。妙に納得。

rakudai480.jpg

さて、その合格横丁方面から戻るようにぐるりと回って菊坂に出ます。しかしこの辺は坂道が多い。でも意外に疲れないのは、やっぱり初めて歩くところは面白いからですね。それでも、まるや肉店の菊坂コロッケをおやつに買ってエネルギー補給。美味しいものもないとつまりませんでしょう。あーおいしかったこれ。

koroshop237L.jpgkoro237L.jpg

コロッケを食べて少し行くと金魚の看板。珈琲?お食事?金魚屋?まさか金魚は食べないよね[あせあせ(飛び散る汗)]

kingyosign2371.jpgkingyosign2372.jpg

ここは金魚坂という、錦鯉・金魚の卸問屋さん。きれいな金魚も見られたり、釣堀や金魚すくいができたりします。食事やお茶もできるお店もあるという面白そうなところ。自分が寄ったときも釣りを楽しんでいる人がいました。でもさすがに卸問屋さん、金魚が見事です。きれいなので欲しくなってしまいます。

お手入れや世話は大変なんですがが、金魚は下の写真のように水槽よりも水盤に泳ぐほうが趣があってすごくいい感じです[ぴかぴか(新しい)]。右上の写真の水盤には金魚が描かれてて、それに本物の金魚を泳がしているのが面白いし特にきれいでした。

kingyo237p.jpgkingyo237p4.jpgkingyo237p3.jpgkingyo237p2.jpg

金魚以外にも、めだか、貝、水草あり。裏口に置いてあった自動販売機がピンクで金魚柄なのがなかなかイキであります[わーい(嬉しい顔)]

kingyonaka237.jpgkingyovender237.jpg

とにかく金魚がきれいです。失礼ながらこんなに金魚がきれいだと思ったことはなかったんです。

以下上はタンチョウ、頭が丹頂鶴みたいに赤いからでしょう。真ん中は、まんまるボディのピンポンパール、文字通りころころしててかわいい金魚です。そして下の写真はオランダ獅子頭、頭の上にコブがある種類です。

tancho480.jpgpinpon480.jpgsisigasira480.jpg

本郷ですから、本当はもう少し文芸関係スポットを文化的(笑)に歩きたかったんですけどね、やっぱり食べるほうと猫のほうへ流れてしまいますな~[レストラン][ファーストフード][喫茶店][猫]まだ食べたりないんですけどーっ。

◇◇◇

まるや肉店~菊坂コロッケ

 

金魚坂

 

 


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんて迂闊な・・・ [時代・新選組]

坂の上の雲。
年末のNHKスペシャルドラマをきっかけに、全8巻の原作に手を出してしまったわけです。

いえいえ、それが「迂闊なやつめ」ということじゃないんです。読み始めてみるととても面白くて、わくわくしながら読んでいるのでさくさくと4巻に突入。もっとも通勤時だけなので、ペースとしてはそんなに早くはないんですけどね。

ほとんど知識のない日清・日露戦争の話。舞台になる朝鮮半島や中国の地理的なことはほとんどわからず。人物についても、戊辰戦争で活躍してそのまま軍人になった有名な方は知っていますが、これもほとんどわからず。主人公の秋山兄弟すら、ドラマを観るまでは知りませんでしたからね~。 これも「迂闊なやつめ」と言われるところなんですけどね。

sakakumap.jpgそんな迂闊な人のために、巻末には地図や軍の編成表などの資料が載ってるんですが、今のいままでこれに気が付かずに読んでいました^^;間抜けです(泣)。位置関係や、人物の相関についてぼんやりしたまま読んでいました。ばっかですよねー(泣)。これに気が付いていれば、3倍は楽しめたのに。4巻からはフル活用しよっと(今さら遅いわ)。

こういう歴史小説は、関連資料が多いと楽しく読めますよね。ビジュアル的なものはとても助けになります。軍艦の写真、当時の軍服、装備、兵器・・・。こんな資料本があればさらに楽しく読めそう。さすがに人気ドラマだけあって関連本はたくさん出ていますね。

 

『坂の上の雲』歴史紀行 (JTBのMOOK)

『坂の上の雲』歴史紀行 (JTBのMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2009/11/10
  • メディア: ムック

写真で読む「坂の上の雲」の時代

写真で読む「坂の上の雲」の時代

  • 作者: 近現代史料編纂会
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2009/11/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

「坂の上の雲」がよくわかる日清・日露戦争のすべて (SAKURA・MOOK 27)

「坂の上の雲」がよくわかる日清・日露戦争のすべて (SAKURA・MOOK 27)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 笠倉出版社
  • 発売日: 2009/11
  • メディア: 単行本

nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る