So-net無料ブログ作成
検索選択

江戸川乱歩生誕120年 まだまだ続け少年探偵団! [くま屋の入荷便り]

昨年12/28に記事にさせていただいた、江戸川乱歩生誕120周年のアンソロジー本第1弾「みんなの少年探偵団」は、期待を裏切らない面白さだった。あの雰囲気!もうおじさんワクワク♪

とは言っても、5人の作家の作品を1冊にした本だったので、それぞれの話は短くてさすがに物足りなさ感があった。やっぱりせめてもう少し掘り下げて練られたたエピソードを読みたい!

それでかどうかわからないけど、第1弾に作品を寄せた作家によって。第2弾として藤谷治氏による「みんなの少年探偵団」が昨年12月に出版されていた。とまぁ、ここまでは第3弾の情報がなかったし(自分のアンテナの張りが弱かっただけ)、さすがにここまでかと残念に思っていたら、今日気がついた!小路幸也氏による「少年探偵」が第3弾として出ているじゃないか!この人も第1弾に作品を寄せていた。

少年探偵 (一般書)

少年探偵 (一般書)

  • 作者: 小路 幸也
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2015/01/15
  • メディア: 単行本

これはもしや、第1弾に作品を寄せた作家によって第2弾以降を出版していく計画ではないだろうか?だとしたらだ、第4弾、5弾、6弾と続きそうな感じ?さらに第1弾に寄せた人以外の作家も書いてくれないだろうか!?

もしそうならそりゃも~嬉しいことだ。がんばれ!や~っておしまいっ、正義の味方!みんなのポプラ社

みんなの少年探偵団 (一般書)

みんなの少年探偵団 (一般書)

  • 作者: 万城目 学
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2014/11/07
  • メディア: 単行本

全員少年探偵団 (一般書)

全員少年探偵団 (一般書)

  • 作者: 藤谷 治
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2014/12/03
  • メディア: 単行本


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

お大師様 [くま散歩]

初めて西新井大師へ行ってみた。建物が予想よりはるかに大きくて見上げてしまった。すごいなぁ。

お正月から2週間ちょっとだからなのかわからないけどとても賑やか。初めて来たので、この混雑がいつものものなのかわからないけどなかなかの混雑。

西新井の駅から歩いて来たので、順路がわからず裏から入ってきた感じになってしまったけど露店がたくさん。

「すいとん」の店もあるんだけど一杯500円。え?「すいとん」て言ったら、とりあえずお腹がふくれれば良いって汁物じゃなかった?おじさんだからイメージが古すぎるんだろうか^^;それとも豪華な食材が入ったスペシャルな「すいとん」だったんだろうか。結構食べている人がいたようだったけど、足を止めて試す気にはなれず。

nishiarai560.jpg

千葉から来た自分には、ここの露店の食べ物の値段は全体的に高いような気がしますがここ東京ですもんね納得。その中、参道途中の一角に東北支援のお店が出てた。豚汁、日本酒、焼き串などですけど、良心的に値段。寒いので豚汁をいただいてきました。体がほくほくに暖まって350円。美味しかった。

nishiarai_sando560.jpg

寒いので帰りは大師線に乗って西新井まで。大師前駅⇔西新井駅の一区間だけの路線。2両編成。参拝に訪れる人のための路線ですね。

駅は広~い。ここの駅って面白いことに、改札も券売機もないのを初めて知りました。なので、切符は持たなくても誰でも電車に乗れてしまいます。

仕組みは着駅の西新井駅での乗り換え通路に券売機や改札口があって、電車から降りた後になるけどそこで乗車券を買うわけです。この先に行かず、大師駅から西新井駅の一区間だけしか乗らない人には乗車券というより降車券なわけだw

daishimae_560.jpg


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青い森鉄道703系@八戸駅 [鉄道]

1月2日八戸駅で見た青い森鉄道青い森703系。

JRの東日本のE721系ベースの車両で、去年3月から運行している新型2両編成。青い森鉄道のこのデザインもなかなかカッコイイねぇ。

雪国での運行ですから当然といえば当然なんですが、さすがに車体は雪と氷に覆われてしまう。この日は前日からの大雪の影響で、朝のうちはまだ雪が降ったりやんだりでしたからねぇ。

703_560.jpg

こんなに過酷でも、頼もしく走るしドアだって開きます。凍みて開かないってことはありませんよ。ええたぶん。
こういう外見ですけど、車内はもちろん暖かいしトイレもあるので安心ですよ。

mori_560.jpg

がんばれ青い森鉄道~♪

(運賃がもうちょっと安いと嬉しいんだけどね^^;)


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北へ。今年も寒い寒い [くま旅百景]

明けましておめでとうございます

年末年始は帰省していました。

帰った12月30日はほとんど雪がなくて、今回は楽だなぁなんて言ってたら、元旦は予報通りに午後から天気が急変。みるみる数十センチの積雪。午前中は隣の町のショッピングセンターへ行っていたんですが、そこは小降りだったのに帰り道はちょっとしたホワイトアウト状態に遭ってしまった。

元旦の午後は雪が小降りになった時間をぬって、歩いて近くの温泉に行ったはいいけど、帰りは道無き道を帰ることに^^;長靴必須。この写真はまだ降り始めなのでそうでもないんだけど、この後一気に積もってしまった。

20150101_560.jpg

翌日雪はほぼ上がったけど、結局多いとこで積雪は30cmくらいあったたんだろうか。久々に雪かきをすることに。自分みたいにたまにやればこれも楽しいんだけど、住んでる人にとっては雪が降ると車も出せないので、特にお年寄りにとっては厄介なことこの上ない。

この雪のため、元旦は青い森鉄道では運休や遅れが出てたし、心配なので翌1月2日はちょっと早い列車で八戸に移動することに。実家には早起きしてもらって迷惑をかけて申し訳なかった。

青い森鉄道の三沢駅はこんな感じ。雪で真っ白。だけど心配していた列車の遅れは、幸いにも数分程度ということで安心。まぁ八戸に着いて新幹線に乗ってしまえばひと安心できる。

20150102_560c.jpg20150102_560b.jpg20150102_560a.jpg

駅に掲げられているポスター。「わ」の鉄道って、和?環?輪?話?わ?このへんでは自分のことを「わ」っていうので、それに引っ掛けたものかしらん。零戦の展示ポスターは、そういえば地元の湖から機体が引き揚げられたって記事を以前みたような気もする。当時海軍の飛行場があったようですし。

misawa_277a.jpgmisawa_277b.jpg

そう、三沢の飛行場は米軍、自衛隊、民間が共同で滑走路を使用している珍しい飛行場。古くから基地の街であるので、記念スタンプもこんなデザインになってる。

misawa_stamp320.jpg

さて、三沢から乗った青い森鉄道の先頭車両を八戸で確認してみると。雪の塊がヒゲのようにくっついてます。青森から走って来たわけですから当然といえばそうなんだけど。やっぱり極寒よこっちは。

hachinohe_560a.jpg

車両横のモーリーくんも凍結してるし^^

hachinohe_560b.jpg

隣のホームに停まっていたのは、左がIGR(いわて銀河鉄道)と右が青い森鉄道の新型車両かな。雪国ならではの光景です。

hachinohe_560c.jpg

と、寒い中素敵な写真を撮らせてもらいながら、新幹線へ乗り換え、厳寒の土地からたった数時間後に到着した東京の青空と暖かさは、どうにも納得しがたい不公平感を感じたのでありました。ほんと不公平じゃないかw


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る