So-net無料ブログ作成

関ヶ原の合戦、開戦地へ [くま旅百景]

島津義弘陣地を離れて、次は関ヶ原開戦の地へ。道なりに200mちょっとでしょうか。この辺はほぼ平地だし、道も舗装されているので移動は楽。

kaisenchimap.png

ここは見通しが良くて遠くからも「開戦地」ののぼり旗が見えるのでわかりやすいです。

flagland614.jpg

開戦地の少し手前を奥に入ったところに、小西行長の陣地跡があります。旗が見えた途端に、スカッと忘れてしまいがちなので注意です。自分もすっかり忘れましたっ[あせあせ(飛び散る汗)]だから写真はありません[たらーっ(汗)]

小西行長は洗礼名を持つキリシタン大名で肥後宇土城主。関ヶ原合戦では西軍の一翼として奮戦。ですが、キリシタンであるがため、敗戦後も切腹はしなかった、いやできなかった。

さて、小西さんをすっかりわすれて、のぼり旗を過ぎると開戦地の記念碑と説明ボード。

board614.jpg

朝霧が薄くなったの見計らった松平、井伊隊が、先峰の福島隊の脇を物見のためと称して通り抜け、西軍宇喜多隊の前へ進出して鉄砲を撃ちかけた。出し抜かれたことに怒った福島正則も、宇喜多隊や小西隊に向けて射撃を開始。というのがこの場所といわれています。実際の開戦地はこの記念碑より300メートル南のようで、土地の整備によって移動されているようです。

しかしながら、この周辺ということで許容範囲ではないでしょうか。それに、周辺は今は田んぼで遮るものがない、当時のままの地形であることを思えば、実際にこの地を武将や兵士が駆け回った同じ土の上に立ってると思うと感慨深いものがあります。実際その現地へ行ってみるっていうのは、こんな何とも言えない気持ちがこみ上げてくるのがたまらないもんです。これって学んだだけでは体験できない貴重な経験だと思っています。

kaisenchi306.jpg

このあたりはこのように開けているので、駐車スペースはあります。

flag614.jpg

この時期(11月中旬)開戦地前はススキ野原が見事な景色になってました。1600年前にタイムスリップできそう。勝手に自分の世界に浸ってご満悦にひととき。ほぇぇぇ~[ぴかぴか(新しい)]

gotonext614.jpg

次は最初に鉄砲撃ちかけられ、大奮戦した宇喜多陣地へ参る。

nice!(2)  コメント(0) 

野球が始まる! [すすめ!イーグルス]

今年もプロ野球のシーズンが見えてきました。

公式戦のチケット予約ついに開始!

オープン戦はたぶん行けないけど、ついに野球の季節が始まる!千葉県民なのでマリーンズは好き。(小声>)でも楽天イーグルスのファンです。(さらに小声>>)楽天の試合を観るために、マリーンズのファンクラブTEAM26に入ってるようなもんw

今年はロッテ×楽天が開幕カードで、しかも地元のZOZOマリンスタジアム!これは行かないわけがないじゃないですか。

今年のマリーンズは井口さんが監督になってファンも増えたということで、開幕戦は避けて2戦目狙い。ていうか開幕戦は高いし激混みは必至でしょうしねぇ。

Image1.png

今からわくわく°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°[ぴかぴか(新しい)][ビール]

今年は仙台にも行ってみたいなぁ

nice!(1)  コメント(0) 

島津義弘陣地へ着陣 [くま旅百景]

引き続き西軍陣地巡りに出発。

ここで改めて今までのルートをマップ上で確認してみます。決戦地石田三成陣地跡島左近陣地、そしてココカフェランチでひと休み。その後はいよいよ島津義弘陣地跡に向かいます。オレンジのラインを移動しました。

map1.png

現地で歩いてみてよく分かるのは、古戦場とされる関ヶ原は思いの外狭い。戦のさなか、三成が自ら馬駆けて島津陣地へ出向き出陣を要請したとされます。この辺は高低差もあまりないので、この距離ならなるほどと思えます。

関ヶ原での両軍布陣の様子を俯瞰した、わかりやすい動画がありました。時間経過での軍勢の動きも盛り込まれたら、また面白いものになったかもしれませんが、回転するので軍勢からの目線での相対位置がつかみやすいです。


島津義弘の陣地跡です。本来は徳川支援で来たものの、成り行き上西軍として関ヶ原に参戦することになってしまったとのこと。それよりも有名なエピソードは、後方へ退却せず、前方の敵に向かって敵中強行突破した撤退戦が「島津の退き口」。さすがに犠牲は多かったようですが、西軍は敗れても島津ありと全国に武勇を知らしめたエピソード。

simaz04.jpg

simaz01.jpg

simaz03.jpgsimaz05.jpgsimaz02.jpg

島津義弘は後に、小早川勢の寝返りで大混乱の西軍の中にあっても、「5000の島津兵であれば勝てた」と言い放ったと。

「島津の退き口」のエピソードによって、後世まで「島津強し」のイメージを日本中に定着させたさことの功績は大きかったですね。


nice!(2)  コメント(0) 

腹がへっては・・・【関ヶ原】 [くま旅百景]

前回まで、石田三成と島左近陣地を巡りましたが、これよりちょっと離れて島津、小西、宇喜多、大谷陣地と巡るにはお昼を済ましておく必要があります。ここ古戦場内に唯一(たぶん)のカフェ、ココカフェでランチすることにいたしましょう。

ちゃんとした正面からの写真を撮るのを忘れてこれしかないですが、この写真は悲しいかなお店の裏側です。駅の方から歩いてくるとこの感じに見えるので、コンテナを利用した簡単なお店かと思いきや違いますよ!

cococafe_614a.jpg

この通り、店内はきれいでとっても清潔感のあるお店です。女性にとっては重要ポイントかと思いますが、お手洗いが広くてとてもキレイです。うちの奥さんがとっても喜んでおりました。空間が広いので、ゆっくりできて居心地が良いお店です。さらに、オーナーさんはとても歴史好きのようで、関ヶ原関連のアイテムやお土産、情報誌などがたくさん並んでいます。これは素敵すぎて退屈はしないです!

incafe614.jpgincafe614b.jpg

そしてこれが、ココカフェ特製合戦カレーランチ。飲み物付きは1000円です。西軍大将の石田三成の兜をイメージしたものですね。一見少ないように見えるんですが、ほぼほぼ満足感はあります。特に美味しいのは、一緒についてくるコーンスープが濃厚とっても美味しい。満足感が濃いのは、このスープ(左上)が一役買っているせいかと思う。

curry614.jpg

ということでお腹と気力を満たし、西軍陣地をまだまだ巡るのであります。次は島津陣地へ行くぞ~!やる気!元気!島津!ちがう・・・

だんだん布陣先が山の中に入ってくるわけで、山歩きっぽくなってくるんだよなぁ・・・あはは

《関連》武将の石田三成は近年特に人気ですが、こちらに三成の人となりを中心に書かれた面白い記事がありました。


nice!(2)  コメント(0)